取引備忘録 20/8/3 2銘柄売り

    株式投資
    08 /03 2020
    2780 コメ兵 300株 648.1円で売り
    9142 JR九州 100株 2,072.2円で売り
    ※どちらも評価益はマイナスだったため損切りとなる。

    CP+401,550円。

    コロナ影響は2020年内での解消はなく2021年解消もどうだろうか?と見ている事(コロナの収束云々ではなく企業個別の業績的な意味)
    それと欲しい銘柄がある事からCP確保目的で売り。
    確保したCPで買う銘柄は決めているが、いわゆる「夏枯れ相場」に入るので買いタイミングはもう少し様子を見たいところ。
    だけど決算も近いためタイミングが悩ましい。

    4390 IPS 5/12決算発表後から7/31までの値動き

    株式投資
    08 /02 2020
    現在、自動車や陸運や観光業などコロナ直撃銘柄の目を覆いたくなるような決算や、コロナ第2波到来を受けて市場全体は下げトレンドにあります。

    しかし一方で、万年割安に放置されていたホームセンターやスーパーなどは月次で注目され、ヤマトなどの運送業もwithコロナの恩恵を受けて水準訂正や株価上昇が起きています。

    決算が良い所は買われるが悪い所は売られる極端な業績相場の到来です。
    さてそんな中、5/15の決算発表後、週明けの5/18と5/19で2連続のSTOP高を演じ大きく株価の水準訂正がなされたIPSは、この全体相場の影響とフィリピン国内のコロナの落ち着きのなさと、迫る8月の決算発表への懸念が理由なのか7/31には遂に5/19の株価1,930円を割ってしまいました。
    週明けの8/3はさらに下がるのか?それとも2,000円台に復帰を目指すのか?
    鍵を握るのは5/12以降にホルダーとなった投資家の投資家心理ではないでしょうか。
    注目したいと思います。

    既にそうなっている可能性もありますが、特に機関投資家が一旦売りに廻り始めると1,500円代も視野に入ると見てます。
    さすがにもうないだろうなと思ってはいますが、どうせなら再び1,000円くらいまで下がって欲しいところです。

    長期目線の私としては、今年一杯は1,500円以下でちょこちょこ買い集められると思っていたので+1,000株ほど買い増したい心持ちなのです。

    続きを読む

    取引備忘録 20/7/27 1銘柄買い

    株式投資
    07 /27 2020
    ◆インターアクション 特定3単元買付
    平均取得単価 1,689円
    購入時PER 14.2
    購入時PBR 2.34
    購入時時価総額 約195億

    これでの取引備忘録 20/3/11の購入とあわせて平均取得単価 2,012円で計6単元を所有に。
    平均取得単価ベースのPER 16.9
    平均取得単価ベースのPBR 2.79
    平均取得単価ベースの時価総額 約232億

    20/3/19にあと一歩足りなかった1,700円以下まで下がったので喜びの買い。

    ただ20/3/19でも書いてましたが理想は平均取得2,000円でした。
    少しでもそれに近づけようと買い増した部分もあるため、当初の予定より100株多く保有する事となりました。

    つまり本日(7/27)の300株の取得の実質的な内訳は、
    買い増し200株→予定通り
    ナンピン100株→やや余分(ぜい肉!!)
    って感じです。

    取引備忘録 20/6/3 1銘柄買い

    株式投資
    06 /03 2020
    ◆ギガプライズ 特定2単元

    取得単価 1,350円に対して
    PER 21.4
    PBR 7.58
    時価総額 約229億円
    配当利回り 0%

    買付け理由は前回と特に変わらず。
    本当は1,000円以下を待ちたかったがどうにも無理っぽい事と平均1,300円取得ならまあ及第点と割切って買い増し。
    市場に買わされた感があり、少しもやっとするが見通しは良いと見ている。

    これで取得合計 特定5単元
    平均取得単価は1,300円。

    取引備忘録(決算所感) 20/5/15

    株式投資
    05 /15 2020
    本日も売買は0ですが、昨日に引き続き決算シーズン+仕事が暇なので軽く決算の所感を書きたいと思います。

    本日特に注目していた決算は持ち株であるIPSと、それ以外にアルテリア、スペースマーケットでした。

    ◆IPS
    現在の主力銘柄だけに19:15の発表までは、やきもきさせれましたが何も言う必要がない良い決算でした。
    ※5/17追記 2021年3月期予想については未だ投資期である事とコロナ影響を考えると、ちょっと強気が過ぎる気がしてます。

    ◆アルテリア・ネットワークス
    計画未達でしたが、それでも充分良い決算だったのではないでしょうか。
    2019年夏頃にギガプライズとアルテリアのどちらを持つかで悩んだ時期がありました。
    まあ、結局どっちも買わなかったのですが。
    今でも良い会社だとは思います。
    自前で光ファイバー網持ってると違いますね。
    ただ時価総額が既に1000億近いため、どうせ買うなら同じ業態でもっと上昇幅の大きそうなIPSや近い業態のギガプライズで夢を見たい。
    とは言え、このまま好調が続くなら、やがては時価総額1兆円も目指せそうなのでここからでもテンバガーの夢は見れるかも。
    気になるのはNURO光(ソニー系列)の存在くらいでしょうか。

    ◆スペースマーケット
    コロナ過の中にしては良い決算でした。より利用が減っているだろう次の2Q(4~6月)がどう転ぶかですが正直読めません。皆の想定よりも悪い結果が出そうな気はするので持つなら下値リスクを覚悟したほうがよいかもと思います。

    昨日も言いましたが、ところでユニバーサルEはいつ発表なの?

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。