どこかで誰かが見ていてくれる 日本一の斬られ役 福本清三

    ノンフィクション本
    08 /10 2012
    どこかで誰かが見ていてくれる 日本一の斬られ役・福本清三 (集英社文庫)

    タイトルどこかで誰かが見ていてくれる 日本一の斬られ役・福本清三
    出版社集英社
    著者福本清三小田豊二(聞き書き)
    レーベル集英社文庫
    ジャンルドキュメントノンフィクション
    全1巻。

    内容:恥ずかしがり屋の少年が、15歳で京都撮影所へ。運動神経に恵まれた彼は、時代劇の華やかな立ち回りを盛り上げる斬られ役として、有名監督や銀幕のスターたちの目に留まるようになる―。以来43年、セリフはもちろん、台本がないのが当たり前の、斬られ斬られて2万回の大部屋生活。東映時代劇映画の盛衰とともに歩んだ男が語る、笑いあり涙ありの役者人生。 (背表紙より)

    感想「お恥ずかしい」が口癖の非常に謙虚な福本さんの人柄がよくわかる一冊です。私は福本さんのファンと言うには、あまりにも”ニワカ”ですが、福本さんの考えや思い、特に”大部屋俳優としての心得”は一般社会にも当てはまりタメになる事も多く、本当に購入して良かったと思います。
    主に、語られる内容は、時代劇映画の全盛期のお話。現代のTVでの時代劇暴れん坊将軍水戸黄門など)の事や「仁義なき戦い」、美空ひばりさんの舞台に出演された時のお話です。
    他にも北大路欣也さんや、”錦兄”こと中村錦之介さんとの話や、互いにフクちゃん、拓ぼんと呼び合っていた親友・川谷拓三さんとの思い出話。他にも深作欣二監督との思い出などが語られています。

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。