紅牙のルビーウルフ |盗賊王女の王道ファンタジー

    富士見書房ノベル
    09 /18 2012
    紅牙のルビーウルフ (富士見ファンタジア文庫)

    タイトル紅牙のルビーウルフ
    出版社富士見書房
    レーベル富士見ファンタジア文庫
    原作淡路帆希(代表作:紅牙のルビーウルフ
    イラスト椎名優
    ジャンルファンタジー
    全6巻、短編集2巻。

    内容:細く高く咆哮が響き、それに従って白と砂色の狼が駆ける。声の主は長剣を携えた一人の少女。輝く紅玉の瞳をもち、赤い髪をなびかせて走る彼女の名は、ルビーウルフ。
    赤ん坊のころ森で盗賊に拾われ、狼の兄弟に囲まれて育った盗賊。彼女は“神国グラディウス”の唯一生き残った王族で…。

    感想:「「エンジェル・ハウリング」を読んでいたのもあって、椎名優のイラストに引かれて読みました。
    他に感想がないくらい王道です。つまりありきたりです。
    ただ気になる事がありまして。どこかというとストーリーのラストです。「え、これで終わり?」という終わり方をします。事実、本編が終わったことに気付かず、最終巻の短編を閑話休題作だと思い、しばらく続刊が出ないことを不思議に思っていました。
    当時、第17回ファンタジア長編小説大賞準入選という事もあって、結構前面に広告展開されてたと思いますが、どうなんでしょうね?
    同じく第17回ファンタジア長編小説大賞の審査委員賞の「抗いし者たちの系譜 逆襲の魔王)」のほうも打ち切りっぽい終わり方でしたし、この年のファンタジア長編小説大賞は一体なにがあったのか?

    抗いし者たちの系譜 逆襲の魔王 三浦良が描く運命に抗いし者達

    富士見書房ノベル
    08 /30 2012
    抗いし者たちの系譜 逆襲の魔王 (富士見ファンタジア文庫)


    これは運命ではない、ゆえに我は復讐を誓った。
    これは運命ではない、だから私は恋をした。




    タイトル抗いし者たちの系譜 逆襲の魔王 (富士見ファンタジア文庫)
    出版社富士見書房
    レーベル富士見ファンタジア文庫
    原作三浦良
    イラストKIRIN
    ジャンルファンタジー

    内容魔王・ラジャスが、人間の勇者・サラに倒された。しかもサラがラジャスの魔力を全て吸い取り、彼女自身が魔王になるという異例の方法で。異常を察知したラジャスの腹心の部下であるフェルグスは、ラジャスをその場から引き離し脱出。魔王として戦わずに敗北。名誉のために死ぬ事もできなかったラジャスは、その屈辱を糧に、決して認められないこの”運命(ゆうしゃ)”に復讐する事を誓う。
    一方、絶大な魔力を我が物にした勇者・サラは、魔族を統べ魔王となり人間界に進行し人間界と魔界を統一。統一帝国の皇帝として君臨する。
    4年後、全ての力を失い一から研鑽重ね、機会を待ったラジャスは皇帝の近衛選出のために開かれる事となった武芸大会に紛れ込む。魔王となった元勇者サラと元魔王であり運命への復讐者ラジャス。二人が再び邂逅する日が迫ってきていた。

    感想:たくさんの登場人物がでてきますが、主役はサラであり、ラジャスと言うダブル主人公で描かれています。サラとラジャス、立場が入れ替わり、幾多の苦難の末ラジャスが遂にサラの前に立った時、何とも言えない高揚を感じました。
    でも何より、フェルグスのラジャスへの忠義に涙しました。ラジャスが羨ましく思いますし、フェルグスが羨ましい。

    追記:続編(抗いし者たちの系譜シリーズ)として「虚構の勇者」「覇者の魔剣」「再始の女王」があります。

    無様な愚か者

    プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
    コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
    2016年末から株式投資はじめました。
    ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
    趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

    株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
    あくまで自分のためだけに書いております。
    名前の通り私は無様な愚か者です。
    参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
    予め、ご了承ください。
    くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


    URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
    立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです