IT イット スティーブン・キングの傑作。邪悪なピエロの恐怖がやってくる。

    映画(ホラー・サスペンス)
    05 /10 2013
    イット [DVD]

    タイトルIT イット
    公開:1991年
    監督トミー・リー・ウォーレス
    脚本トミー・リー・ウォーレス、ローレンス・D・コーエン
    原作スティーヴン・キング
    ジャンルホラー
    出演:ティム・カリー、リチャード・トーマス、ジョナサン・ブランディス、アネット・オトゥール、エミリー・パーキンス、ティム・リイド
    上映時間:187分

    内容:1990年のメイン州デリーで、子供だけを狙った連続殺人事件が発生する。
    デリーに住んでいたマイク(ティム・リイド)は、事件現場近くでそこにあるはずのない古い写真を発見し子供時代にIT(鬼)と呼んでいた奇怪なピエロ、ペニーワイズ(ティム・カリー)の仕業であると確信する。
    マイクはかつての仲間との約束を思い出し、30年ぶりに再会することになるが…。

    感想:本来、笑いと楽しさの象徴であるサーカスの花形のピエロ。でもそうと知らずに幼い頃にピエロを見れば、多くの人が不気味さを感じてしまう。
    スティーブン・キングがそんなピエロの不気味さに着目し描いたホラーを、トミー・リー・ウォーレスが、多感な子供が見れば、ピエロと笑い声がトラウマになりかねない映画にまでしてしまったのが、この「IT イット」。
    奇怪に笑う殺戮ピエロ。冷蔵庫の中で楽しそうに笑う生首などなど。
    演出も結構良かったです。コレ観たのは子供の時でしたが、怖かったのを覚えています。
    また、ホラーですが、子供たちのアドベンチャーとも言える作りにもなっています。

    でも、まさかペニーワイズの正体がアレだったとは…。
    正体が判明したあとは逆に全然怖くなくなってしまいました。
    どんな正体か気になる人はぜひ観てみてください。

    羊たちの沈黙 映画史に残るモンスター“ハンニバル・レクター”

    映画(ホラー・サスペンス)
    02 /23 2013
    羊たちの沈黙 [Blu-ray]

    タイトル羊たちの沈黙
    公開:1991年
    監督ジョナサン・デミ
    脚本テッド・タリー
    原作トマス・ハリス
    製作総指揮:ゲイリー・ゲッツマン
    ジャンルミステリー
    出演ジョディ・フォスターアンソニー・ホプキンススコット・グレンテッド・レヴィン
    上映時間:118分

    内容:若い女性の皮膚を剥ぎ落とし、その死体を川に流すという残忍な連続猟奇殺人が発生。犯人の仮呼称から“バッファロー・ビル事件”と呼ばれる事となったこの事件の捜査に行き詰ったFBIは、FBI訓練生であるクラリス(ジョディ・フォスター)に、ある任務を課す。
    それは、元は天才的な精神科医であり、自分の患者を食したため現在は州立精神病院に措置入院されているレクター博士(アンソニー・ホプキンス)を訪ね、バッファロー・ビルの精神状態を解明(プロファイリング)させるというものだった。

    クラリスから捜査協力の依頼をされたレクターは、その交換条件としてクラリスに、彼女自身の過去を語うる事を条件と提示してくるが…。

    感想:説明不要の名作ですよね。
    アンソニー・ホプキンスがあまりにハマリ役だったため、これを見てからアンソニー・ホプキンスが出ている映画は、どんなに役柄が違っても“レクター”の影がちらついてしまい困ってます。
    日本で、彼に対抗できるのは、「冷たい熱帯魚」で同じく猟奇殺人犯を演じきったでんでんさんくらいでしょうか?

    ここまで来ると2人の共演を見てみたい!
    例えるなら「フレディ VS ジェイソン」!
    …なんか違いますね。適格?に表現するなら、サミュエル・L・ジャクソンケヴィン・スペイシーの「交渉人」ですね。
    化け物同志の殺し合いじゃなくて心理戦ですよね。うん。こっちのほうがしっくりきます♪

    バニラ・スカイ これは夢か現実か?人生を狂わせた男に突きつけられた事実。

    映画(ホラー・サスペンス)
    01 /08 2013
    バニラ・スカイ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]  「あなたが想うあなた自身は幻に過ぎない…」

    タイトルバニラ・スカイ
    公開:2001年
    監督キャメロン・クロウ
    脚本キャメロン・クロウ
    製作総指揮:ジョナサン・サンガー、ダニー・ブラムソン
    音楽:ナンシー・ウィルソン
    ジャンル:サスペンス
    出演トム・クルーズペネロペ・クルスキャメロン・ディアスジェイソン・リーカート・ラッセル
    上映時間:136分

    内容:出版界の若き実力者でプレイボーイのデヴィッド(トム・クルーズ)は、ハンサムで裕福な彼はプレイボーイを気取っており、その日もベッドには魅力的な女性ジュリー(キャメロン・ディアス)が。
    しかし、デヴィッドは親友の作家ブライアン(ジェイソン・リー)がパーティーに連れてきたガールフレンドのソフィア(ペネロペ・クルス)に一目で心を奪われてしまう。
    デイヴィッドの心変わりを見抜いたジュリーは、彼をドライヴへと誘い、そのまま無理心中をはかって車ごと崖に突っ込んでいった。
    ジュリーは死亡、デイヴィッドは一命こそ取りとめたものの、顔が醜く変形してしまう。さらにデイヴィッドは路上で酔い潰れてから先、夢と現実の区別の判断ができなくなってしまい、徐々に精神が不安定になっていく…。

    感想:映画「オープン・ユア・アイズ」のリメイク。でも、他のリメイク作品とは違う部分があります。それはキャメロン・ディアスが全く同じ役柄で出演しているという事です。キャメロン・ディアスファンには二度美味しい?仕様となっています。
    それはおいといて、内容に触れますと人として駄目な奴が、現実と虚構の狭間で、自分の立ち位置を模索し、居場所を捜し求め、そして自分が戻るべき本当の場所に気付くまでが描かれています。
    で、作中で“とある真実”が告げられる中で、親友のブライアンが何をしたかが語られますが、その時のブライアンの行動を聞いて、こんな良い友達が欲しいと思ったものです。そして、それを聞かされたデイヴィッドが何を思ったか。

    デイヴィッドは全てを知り、最後にある選択を迫られます。彼の最後の選択を支持できる人はきっと大丈夫でしょう。素敵な人生を送れていることでしょう。支持できないという人は、人生をより良くする努力が必要かもしれません。

    冷たい熱帯魚 予告がつまらないのにスゴク面白かったギャップNo.1邦画!

    映画(ホラー・サスペンス)
    12 /01 2012
    冷たい熱帯魚 [Blu-ray]

    タイトル冷たい熱帯魚
    公開:2011年
    監督園子温(代表作:「冷たい熱帯魚」「愛のむきだし」)
    脚本園子温、高橋ヨシキ
    ジャンルサスペンス
    出演吹越満、でんでん黒沢あすか神楽坂恵梶原ひかり
    上映時間:146分
    R-18指定。



    内容:死別した前妻の娘・美津子(梶原ひかり)と現在の妻・妙子(神楽坂恵)。その折り合いの悪い二人に挟まれながら、社本信行(吹越満)は小さな熱帯魚店を営み、波風立たないよう静かに暮らす小市民的気質の社本。
    だが、家族の確執に向き合わない彼の態度は、ついに娘の万引きを招く。スーパーでの万引き発覚で窮地に陥る社本だったが、そんな彼を救ったのはスーパー店長の友人である村田(でんでん)だった。村田の懇願により店長は万引きを許す。
    さらに大型熱帯魚店を経営する村田は、娘をバイトとして雇い入れる。村田の人当たりの良さに誘われて、社本一家と、村田の妻である愛子(黒沢あすか)も交えた村田夫婦との交流が始まる。
    しばらくして、社本は村田は一緒に仕事をしようと誘われ利益の大きい高級魚の取引を持ちかけられる。
    そして、この件がきっかけに社本は村田の本性と悪逆非道な「ビジネス」を知る事となり…。

    続きを読む

    告白 辞職を控えた女教師の口から語られたとある事故の真相。それは禁断の告白。

    映画(ホラー・サスペンス)
    10 /05 2012
    告白

    辞職間際の教師の口から語られた禁断の告白

    タイトル告白
    公開:2010年
    監督中島哲也(代表作:「嫌われ松子の一生」)
    脚本中島哲也
    原作湊かなえ(代表作:「告白」)
    ジャンル:サスペンス
    出演松たか子木村佳乃岡田将生
    上映時間106分



    内容:とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。
    「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの二人の生徒に殺されたのです」
    教室内は一瞬にして静まりかえる。
    この衝撃的な告白から全ては始まった……。

    感想湊かなえの原作は未読です。サスペンスなんだけど、それよりも中学生の思春期特有の青春・心の葛藤に焦点をおき描かれた作品だと感じました。
    殺人がテーマなのはわかるんですが、どうにも青臭さを感じずにはいられません。
    少年Aと少年B、そして一人の少女と、松たか子演じる教師の心理を交え、物語は展開されます。そのため手法としては、どこか「愛のむきだし」を彷彿とさせます。
    松たか子の淡々とした語り口がラジオを聴いているようで心地良かったです。

    無様な愚か者

    プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
    コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
    2016年末から株式投資はじめました。
    ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
    趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

    株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
    あくまで自分のためだけに書いております。
    名前の通り私は無様な愚か者です。
    参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
    予め、ご了承ください。
    くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


    URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
    立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです