ホーリーランド 社会からはみ出した者達が見つけた“聖地”

    白泉社コミックス
    12 /22 2012
    ホーリーランド (1) (Jets comics (846))

    タイトルホーリーランド
    出版社白泉社
    著者森恒二(代表作:「ホーリーランド」「自殺島」)
    ジャンル格闘ストリートファイト
    掲載誌ヤングアニマル
    全18巻。

    内容:高校生の神代ユウは、家にも学校にも居場所を見つけられず夜の街にいた。
    華奢で、ひ弱ないじめられっ子であったユウは、ある時、ボクシングのワン・ツーを知り、人知れず自室でワン・ツーを繰り返す。
    そして何ヶ月か経った頃、夜の街で自分に絡んでくる不良達をワン・ツーで倒していくユウは、次第に“ヤンキー狩り”と呼ばれ恐れられるようになっていた。

    感想:基本的にスポーツマンシップ溢れるストリートファイトばかりです。作者の作風ありきですが、こんな清々しいストリートファイト漫画は他に無いと思います。
    作者の体験談や、講座じみたナレーションが時折入っており、まるで教本のようでもあります。
    読んだ人は、ユウと伊沢を除けば、ショウゴが一番強く印象に残ると思いますが、何気に土屋と岩戸が好きです。
    ラストは曖昧な表現がされており、読者にユウの物語の結末を委ねていますので、しっかりと終わってほしいという人は不満が残るかも。

    ああ探偵事務所 『ああっ女神さまっ』ではなく『ああ探』です!

    白泉社コミックス
    11 /30 2012
    ああ探偵事務所 ←注:主役は左側にいる男です。

    タイトルああ探偵事務所
    出版社:白泉社
    著者関崎俊三(代表作:「ああ探偵事務所」「恋愛怪談サヨコさん」)
    ジャンル:探偵・推理コメディ日常
    掲載誌ヤングアニマル
    全15巻。

    内容:「ああ探偵事務所」代表の妻木は重度のシャーロキアン私立探偵。「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎のように、常に左眼が前髪で隠れている独特のヘアスタイルが特徴に持ち、依頼を果たすためとあれば、不法侵入を始めとする違法行為に手を染めることにも躊躇を見せない危険人物でもある。
    一方で家賃滞納常習者でもあり、その都度バイト生活に明け暮れて家賃を払っている。
    実際には探偵業よりもこちらの方が収入としてはるかに安定しており、勤務態度も非常に真面目かつ何でも器用にこなす抜群の適応力から、どの職場でも「正社員にならないか」と誘われるほどだが、私立探偵という職業とそのスタイルに愛着を持っているため、それらの誘いは全て断っている。そのために(探偵業で)定収入と言う言葉には弱い。
    「金田一」や「コナン」とは違い、推理力ではなく抜群の行動力と人脈を元に依頼を解決していく、現実味あふれる等身大の探偵である。
    そんな彼の元に、行方不明になった兄の捜索してほしいと依頼を持ち込んできた井上涼子は、その依頼が、きっかけでこの変な探偵に興味を抱き、「ああ探偵事務所」に通い詰めるようになっていく。

    感想:探偵も変なら依頼人も曲者揃い。毎回毎回、奇人変人のオンパレードと言ってもいいほどです。
    そんなクセ者の依頼をあの手この手で、解決していく妻木。他の探偵モノとは違う楽しさがあります。
    探偵モノにお約束の殺人事件はほとんど、題材としてあがりず、新鮮で良かったです。
    そしてこのマンガのもう一つの魅力が、ズバリ涼子と妻木の恋の行方です。
    探偵のクセに推理力皆無の妻木に、当然、女心を読めるはずもなくお互いに気があるにもかかわらず、発展しない恋の行方も必見です。

    エアマスター 柴田ヨクサルが送る「ワチワンダイバー」の前日譚!

    白泉社コミックス
    09 /30 2012
    エアマスター 全28巻完結セット (ジェッツコミックス)

    タイトルエアマスター
    出版社白泉社
    著者柴田ヨクサル(代表作:「エアマスター」「谷仮面」)
    ジャンル格闘ストリートファイト
    掲載誌ヤングアニマル
    全28巻。

    エアマスターって知ってるか?……空を飛ぶんだってさ」

    内容:「エアマスター」と呼ばれる連戦連勝、無敵のストリートファイター。その正体は、実は相川摩季という女子高校生だった。格闘家の父と体操選手の母から才能を引き継いだ彼女は、華麗な空中殺法の使い手へと成長し、ある種の伝説を作る存在にまでなっていた。

    ストーリーは大きく分けて坂本ジュリエッタ初登場の「ストリートファイト四天王編」。
    北海道からやってきた北枝金次郎率いる不良集団とのバトルを描く「黒正義誠意連合編」。
    摩季がスカイスターことサンパギータ・カイ(結局作中ずっと本名不明!)とプロレスの舞台で戦う「女子プロレス編」。
    路上格闘家のランキングをめぐるジョンス・リーはじめ数多くの強敵が登場する「深道ランキング編」。
    そして最大のラストバトル「深道ランキングバトルロイヤル編」で構成されています。

    感想:はい!という訳で今回は、皆さんご存知!エアマスターです!
    先日のヤングジャンプで、完全に「ハチワンダイバー 」が「エアマスター」世界の続編である事が確定し、「谷仮面」で妹に先を越され、この「エアマスター」では、ライバルである相川摩季に愛した人(坂本ジュリエッタ)を奪われるも「ハチワンダイバー」でようやく春が来た皆口由紀。その鬼のように強い全盛期が描かれているのも魅力の作品。
    ですが、一番の魅力は、超個性的なキャラ達がワイワイやってるところでしょう。これを読んでるときはどんな悩みも吹っ飛びます。

    お気に入りキャラは多すぎて、挙げたらキリ無いですが、挙げたいので挙げます。
    まずはストリーファイトで家を建てるのが夢という屋敷俊
    その屋敷と死闘を演じた「バカゲームバカ」駒田シゲオ!今読むと、シゲオの「オレがアキオだ!!!」「アキオがオレだ!!!」は、「機動戦士ガンダム00」の“刹那・F・セイエイ ”の元になったのでは?と邪推していまいます。
    他にも、一度このマンガを読んだら絶対忘れないキャラ崎山香織
    ギャグの要素の無い最高にカッコイイジョンス・リー
    “シズナマン”にもなった最高熱血ヤロウ北枝金次郎
    摩季の実父「軟派な精密機械」佐伯四郎
    ハチワンダイバー」にもチラッと登場、尾張忍者の末裔尾形小路
    「サブミッションハンター」クールに人間やめた小西良徳
    まさかの大復活「同撃酔拳」の時田伸之助
    最近「鉄拳TT2 」で、私がジェイシーを使うときになりきってるサンパギータ・カイ
    まだまだ紹介したり無いですが、本当にキリが無いのでこれでラスト!最後は脇役中の脇役である「スナイパー空手」戸叶
    このマンガ、主要登場人物だけでなく、モブキャラまで個性的すぎてよくストーリーが破綻しなかったな~と、本気ですごいと思います。
    掛け値なしで、全登場人物が主役級です!
    そんな訳で、名言も数多く生まれています。一部こちらのサイトでも紹介されています。興味がありましたらご覧になってみてください。

    追記:この「エアマスター」の前日譚であり、皆口由紀が活躍する「谷仮面」というマンガがあります。なんとあの皆口由紀の学生時代が見れます。
    ※「ハチワンダイバー」の記事はこちら

    自殺島 ホーリーランドの森恒二が送るサバイバルサスペンス!

    白泉社コミックス
    09 /29 2012
    自殺島 1―サバイバル極限ドラマ (ジェッツコミックス)  死ねないなら、生きるしかない

    タイトル自殺島
    出版社白泉社
    著者森恒二(代表作:「ホーリーランド」「自殺島」)
    ジャンルサバイバルサスペンス
    掲載誌ヤングアニマル
    1巻以下続刊。

    内容:生きる義務を放棄し、自殺を繰り返す"常習指定者"たちが送られた島──通称、"自殺島"。
    セイは、自殺未遂の末、病院のベッドで「まだ続けるか?」という問に「終わらせてくれ」と答えたことからこの島へと送り込まれた。
    そこに待っていたのは、セイと同じ"未遂者"たちだった!! 着いてすぐに島でビルからの飛び降り自殺を図る人々を目の当たりにし、すぐには死に切れずに苦しむ様を目撃したセイ達は生きる事を選択する。

    感想“そこそこ人工物の残っている”無人島に持って行きたい一冊。
    人の心理をつき、島の全員を殺そうとする人物もいれば、人と距離をとり生きようとする者。島の全てを支配しようとする者。法も秩序のない世界で生きる彼らに訪れる残酷な“必然”。自殺未遂者+孤島を題材にその登場人物の心理を克明に描いた森恒二ならではの傑作。ホーリーランドには負けますが、好きな作品です。

    ベル☆スタア強盗団 実在の人物、実話を元にした西部劇

    白泉社コミックス
    08 /26 2012

    「私(アルトン・B・メイヤーズ)はその時一人
    危険を省みずこの戦いを見守り続けた!
    無法の西部、凍りついた通りを駆ける一陣の熱風!
    一瞬の後に二人を待つのは生か!死か!」
    俺は……俺は――俺は今――伝説の中に居る……!!




    タイトルベル☆スタア強盗団
    出版社:角川書店→白泉社
    著者:伊藤明弘(代表作:「ジオブリーダーズ」「ワイルダネス」「ベル☆スタア強盗団」)
    ジャンル:西部劇・ガンアクション
    掲載誌:アクションヒップ→月刊コミックドラゴン
    全3巻(ドラゴンコミックス版とジェッツコミックス版があり、あとがきが違う)。

    内容:1932年、カナダ。ペイパーバック作家ベイカー夫人のもとに、男が拳銃の鑑定を依頼に訪れる。それは盗掘されたといわれていた「ベル・スタア」遺品の拳銃であった……。

    ―1874年。西部開拓時代のアメリカ。南部から出稼ぎに来た少女マイラ・ベル・シャーリイは、知り合いを訪ねて訪れた街で、強盗事件に巻き込まれ人質にされてしまう。警察にはなぜか犯人の一味と思われ、犯人ごと殺されそうになり、やむなく応戦。命からがらその場から逃げ出すことができたが、強盗犯として指名手配されることに。
    怪我をしたベルは、スタア兄妹に助けられるが、そのスタア兄妹も土地を守るため銀行から莫大な借金を背負わされており、借金のかたに土地を追われようとしていた。
    ところが、その銀行に勤める男ティモンズから、ある情報がもたらされる。それは、3日後に銀行から大量の現金が列車で運び出されるという情報だった。土地を守るため、現金強奪を決意するベル達。
    かくして、無法者・保安官・騎兵隊が入り混じっての大乱戦が幕を開けようとしていた。

    感想全編通して、西部劇映画さながら。ぜひハリウッドで映画化してほしい!
    やはり伊藤明弘だけあって銃撃戦の多さ、上手さは格別。1巻は状況の説明。2巻はベルと“伝説の男”コール・ヤンガーの関係。ベルとルーク・カーポそして”コロラド”ことミスタ・マクベインや騎兵隊のガラント大佐の奇妙な因縁が描かれている。そして、第3巻でいよいよ列車強盗の決行。素晴しい銃撃戦が展開される。列車での銃撃戦はマクベインが格好良すぎる!
    (以下ネタバレ反転)
    列車強盗に成功したものの、予定が狂い、現金を銀行のある町まで一人で運ぶ事になったベル。同じく列車での銃撃戦を生き残った保安官ルーク・カーポが追ってきて町の中、アルトン・B・メイヤーズを含んだ群集見守る中”決闘”を行う。その流れが上手くて、もう大好き。
    (ネタバレ終了)


                         

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。