ライン リミットまでに指定場所に行かなければ人が死ぬ。悪夢の一夜を走れ!

    角川書店コミックス
    08 /22 2013
    ライン (角川コミックス・エース)

    タイトルライン
    出版社角川書店
    著者小手川ゆあ(代表作:「おっとり捜査」「死刑囚042」「君のナイフ」)
    ジャンルサスペンス
    掲載誌月刊少年エース
    全1巻。

    内容:今時の女子高生・チーコは、登校途中、駅で1台の携帯電話を拾う。帰りに届けようとそのまま持ってきてしまったのが悪夢の始まり。体育が終わった更衣室でそのケータイが鳴る。出てみると知らない男の声。

    「3時50分に駅ビルで人が死ぬ」

    それだけ言うと電話は切れてしまう。駅まで来てからやっぱり気持ち悪いから今日中に交番に届けよう、と
    思った矢先、再び携帯がなり、空から人が降ってきた。
    電話の通りになった事を驚く間もなく、次々と予告される謎の連続自殺。指定場所にタイムリミットまでに着かなければ、自殺を決行してしまう自殺志願者たち。電話の主は言う。

    「君は選ばれたんだ。”最後の希望”として彼らに。」

    チーコは、訳もわからぬまま、たまたま目の前にいた今まで話もしたことのない優等生・バンドーと共に、自殺を止めようと夜の街を疾走する。

    続きを読む

    らき☆すた 京都アニメーションによるアニメ製作で一躍躍り出たけど…。

    角川書店コミックス
    08 /12 2013
    らき☆すた (1) (単行本コミックス)

    タイトルらき☆すた
    出版社角川書店
    著者美水かがみ(代表作:「らき☆すた」、「宮河家の空腹」)
    ジャンル4コマ日常オタク
    掲載誌コンプティーク月刊コンプエース
    1巻以下続刊。

    内容:マンガ、アニメが大好きな女子高生・泉こなたと、家庭的な天然キャラ・柊つかさ、その双子の姉で努力家で見栄っ張りな寂しがり屋・柊かがみ、抜群のスタイルを誇る博識メガネ菩薩観音・高良みゆき。
    彼女たち4人とその友人たちが繰り広げる、思わず突っ込みたくなる、共感したくなるネタ満載の日常オタク系あるある4コマ

    続きを読む

    魔術士オーフェンはぐれ旅(漫画版) 絵が濃すぎ!濃いとにかく濃い。

    角川書店コミックス
    07 /07 2013
    魔術士オーフェンはぐれ旅 (6) (角川コミックスドラゴンJr.)

    タイトル魔術士オーフェンはぐれ旅
    出版社角川書店
    原作秋田禎信(代表作:「魔術士オーフェン」シリーズ、「エンジェル・ハウリング」)
    作画沢田一
    ジャンルファンタジー
    掲載誌月刊ドラゴンジュニア
    全6巻。

    内容:あの有名な金貸し魔術師の物語の漫画版!

    感想:巻数が進めば進むほど、どんどん絵が濃く、くどくなっていきます。
    それが全てを台無しにしていると言ってもいいでしょう。
    ストーリーの方は、原作の「我が過去を消せ暗殺者」まで進みます。

    ストーリーとしての再現度はそれなりに高いと思いますが、やっぱり絵が濃すぎ!
    草河遊也のイラストと比べるとど~しても、ね。

    多重人格探偵サイコ 小林 洋介、西園伸二、雨宮和彦そして西園…。

    角川書店コミックス
    07 /06 2013
    多重人格探偵サイコ (1) (角川コミックス・エース)

    タイトル多重人格探偵サイコ
    出版社:角川書店
    原作田島昭宇(代表作:「魍魎戦記MADARA」シリーズ、「多重人格探偵サイコ」)
    作画大塚英志(代表作:「多重人格探偵サイコ」、「黒鷺死体宅配便」、「リヴァイアサン」)
    ジャンル多重人格サスペンス
    掲載誌:月刊少年エース→コミックチャージヤングエース
    1巻以下続刊。

    内容:ある日、警視庁捜査一課11係の刑事・小林洋介の職場に両手両足が切断された恋人の千鶴子が、送り届けられる。
    その犯人である猟奇殺人犯の島津寿を追う洋介だが…。

    感想:人間をバラバラにしてみたり、脳みそに花の種を植えて人間を植木鉢にしてみたり、殺した男の人肉を調理して食べてみたり、都庁ジャックを決行し無差別大量殺人してみたり…。
    そんな彼らの白目部分には、バーコードがついていたり…。

    後に映画「シックス・デイ 」がこのバーコードに触発されたかのようなクローン識別法を使っていたり…。

    かと思えば、ルーシー・モノストーンて誰?っていうようなマンガです。

    エデンズボゥイ EDEN's BOwY 神殺しの宿命を背負った少年の物語。

    角川書店コミックス
    03 /27 2013
    ヱデンズボゥイ (1) (角川コミックス・エース)

    タイトルエデンズボゥイ
    出版社角川書店
    著者天王寺きつね(代表作:「オルフィーナ」「エデンズボゥイ」「うぽって!!」)
    ジャンルファンタジー
    掲載誌コンプティーク月刊少年エース
    全20巻。

    内容:天上都市(エデン)の落とし子ヨルンは、いつか天上都市へ戻り、母と再会することを夢見て地上で暮らしていた。
    そんなある日、ヨルンは空から降ってきた少女エリシスと出会う。時を同じくして、神殺しの秘密を求める天上都市の一つユルガハから送り込んだ刺客も現れ、ヨルンは戦いに巻き込まれていく。

    続きを読む

    無様な愚か者

    プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
    コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
    2016年末から株式投資はじめました。
    ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
    趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

    株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
    あくまで自分のためだけに書いております。
    名前の通り私は無様な愚か者です。
    参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
    予め、ご了承ください。
    くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


    URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
    立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです