ジオブリーダーズ GEOBREEDERS 伊藤明弘

    少年画報社コミックス
    08 /18 2012
    ジオブリーダーズ 1 (ヒットコミックス)   「俺は神楽を…辞めるんだーーーーっ!!」

    タイトルジオブリーダーズ
    出版社少年画報社
    著者伊藤明弘(代表作:「ジオブリーダーズ」「ワイルダネス」「ベル☆スタア強盗団」)
    ジャンルガンアクション
    掲載誌ヤングキングアワーズ
    1巻以下続刊。

    内容:昭和70年、綾金市。田波洋一は「神楽総合警備」に再就職する。妙齢の美人社員に囲まれ、給料もいい割のいい警備会社と聞いていたが、その実態は、人死にも出る、危険極まりない化け猫退治の専門会社だった。周囲の社員は一癖もふた癖もある人物ばかり。「こんな会社辞めてやる」と言いながらも、なんやかんやと仕事をこなしていく田波。そんな中、個別に活動的していた化け猫たちに組織的な活動が見え始める。その影には「黒猫」と呼ばれる化け猫がいた。「黒猫」は田波に目撃者として神楽に留まるよう告げる。
    そこに商売敵ともいえる「厚生省衛生二課”ハウンド”」も加わり人と化物の戦いは次第に加速する。

    「日本一薬莢の多い漫画」(コミック帯より)ここに開幕!

    感想:自称「紅の流れ星」とにかく銃を乱射するトリガー・ハッピー「梅崎 真紀」をはじめ、バタフライナイフと手榴弾を武器に戦うネガネっ娘の「桜木 高見」や、メリケンサックを用いた格闘戦のエキスパートにして守銭奴の「蘭東 栄子」。普段は寝ているか寝ぼけているかのどちらかだが、こと運転技術に関して右に出る者なしの「姫萩 夕」。容姿言動共に子供にしか見えない社長「菊島 雄佳」など魅力的なキャラばかり。
    5巻と6巻の間にOVA版のエピソード「ジオブリーダーズ 魍魎遊撃隊 File-X ちびねこ奪還 」があり、コミックのみしか読んでない人には、話に急に整合性がなくなったように感じ混乱します。私もその一人で、すぐには理解できず「あれ?」となりました。

    戦闘ヘリ、戦艦、PROWLERなど多くの兵器も登場、かつての日活映画のように飛び交う銃弾!そしてもちろん爆発
    特に6~7巻の「核奪還作戦」。8~9巻の「流れ星帰郷編」そして11~12巻の「神宮司重工攻防戦」は、色々な勢力が介入し、三つ巴、四つ巴の激しいバトルが繰り広げられ、見物です。

    正に映画のようなガンアクションが繰り広げられます。作者の伊藤明弘先生がジョン・ウー映画のファンという事もあり、そのへんの演出はさすがの一言。日本でも五本の指に入る上手さだと思います。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
    コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
    2016年末から株式投資はじめました。
    ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
    趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

    株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
    あくまで自分のためだけに書いております。
    名前の通り私は無様な愚か者です。
    参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
    予め、ご了承ください。
    くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


    URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
    立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです