スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカトンボとミノムシを見る機会が減った理由

ニュース
12 /21 2014
アカトンボとミノムシ。
どちらも子供のころは、よく見かけたものですが、最近まるで見かけなくなりました。
気になったので調べてみたところ、それぞれに驚きの理由があったのです。

では、まずミノムシのお話しから。

90年代末頃からめっきり見かけなくなったミノムシさん。その原因はなんと寄生バエの“オオミノガヤドリ”。
ミノムシの食害対策に、中国から輸入されたこの寄生バエが、凄まじい勢いでミノムシを駆逐していたのです。
そのせいで、いまやミノムシは絶滅危惧種に指定されています。
オオミノガヤドリの寄生方法はいたってシンプル。葉と一緒に極小の卵をミノムシに食べさせるというもの。
そうして、ミノムシの中で孵った寄生バエは、ミノムシを体内から食らいつくしてしまうのです。
このハエ、なんとミノムシ一匹を触媒に10匹ほど生まれます。
ミノムシからしたら、たまったものではありません。

全てのミノムシが↓の彼くらい強ければ話は別だったでしょうが…。
テラフォーマーズ 2 (ヤングジャンプコミックス)

冗談はさておき、人間のエゴが原因でミノムシが絶滅の危機にあるのは確かです。
人間の都合で環境・生態を破壊し、その結果、さらなる環境異変をもたらした例はたくさんありますが、
このミノムシの件もその一例と言えるでしょう。
「ミノムシが減りオオミノガヤドリが増えた事で、影響をうけたものにはどんなものがあるのか?」
それは私にはわかりませんが、バタフライエフェクトもかくやという形で、私たちの知らないところで大事になっていかない事を願うばかりです。

では、次にアカトンボのお話し。

アカトンボ(アキアカネ)が減った理由。それは、農薬だそうです。
石川県立大学の上田哲行教授という方の調査によると、
そもそもアカトンボが急激に姿を消したのは’00年前後のことで、
その頃から、使われだした農薬が原因であるとのこと。
どんな農薬かと言うと、それ以前の農薬は、田植え後に空中散布し殺虫するタイプだったのに対し、
新農薬は土に吸収させ、その土で育った作物を食べた虫を殺すという方式のもの。
その特徴から、農薬成分が環境に撒き散らされないため、エコ農薬と呼ばれています。

で、このエコ農薬に含まれるフィプロニルという成分をアカトンボの幼虫が摂取すると、
なんとその幼虫のうち、実に7割が羽化することが出来なくなってしまうというのです。

つまりアカトンボが見られない地域は、このエコ農薬がよく使われていると言う事になります。
お百姓さんにしてみれば、農薬散布の手間が省けるまさにエコ農薬ですが、
一般の方にとっては、“エコ=エコロジー(ecology)地球にやさしい”が一般的に浸透している以上、まさか“エコノミー(economy)”のほうだとは思わない“勘違いを誘発する代物”。

その語感だけで“地球に優しいと考え良い事をしてる”と思い使う人たちも、中にはいらっしゃるでしょう。
お百姓さんの苦労を思うと「使うな」とはとても言えませんが、
それでも日本の原風景が失われていくかと思うと個人的には悲しい限りです。
こちらも今後の環境への影響がなければいいのですが・・・。

願わくば、どちらの虫も絶滅を免れ、かつての興隆をとりもどしてくれればいいのですが。
ここまで人間の手であれてしまった以上、人間の手で保護、繁殖を図らないと難しいでしょう。
本当に恐ろしい話しですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
ご承知の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。