信長協奏曲 のぶながコンツェルト 歴史が苦手な高校生が織田信長になっちゃった

    小学館コミックス
    08 /16 2014
    信長協奏曲(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

    タイトル信長協奏曲
    出版社小学館
    著者石井あゆみ(代表作:「信長協奏曲」)
    ジャンル歴史戦国ドラマ
    掲載誌ゲッサン
    1巻以下続刊。

    内容:勉強が苦手な高校生のサブローは、戦国時代、天文18年(1549年)にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは自分そっくりな男性。彼の名は織田信長。
    サブローは、信長から病弱な自分の代わりに織田信長として生きてくれと頼まれ、信長として生きていくこととなり。

    感想:「うつけ」を上手い具合に現代高校生にあてはめてあって、すばらしいアイディアだなと思いました。あんまり知られていない逸話なども扱われているため、戦国時代好きとしては、かなり嬉しいです。
    簗田政綱(やなだ まさつな)が出てくるとは思いもよりませんでした。

    それにしてもお市、可愛いですね!

    ブラコンなのは、どうかと思いますが…。
    その点だけはなんだかしっくり来ないです。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    こんにちわ

    お久しぶりです。
    ドラマで、見ています。^^
    発想が面白いですよね。
    江戸時代に現代人がタイムスリップするストーリーが流行りなのか、やたら多いですよね☆

    すいません。

    江戸じゃなく戦国時代でしたね(~_~)

    Re: すいません。

    mia☆miaさん

    お久しぶりです!
    お返事遅くなって申し訳ありません。

    『現代の高校生 = うつけ』と考えて、戦国時代にタイムスリップさせ、信長にしちゃおう!
    と考えた作者さん(編集さん?)の考えに脱帽です。

    そうそうドラマ、私も毎週見てます。
    主人公のサブローや、帰蝶の性格がアニメや、
    マンガと全然違って新鮮な気持ちで楽しめてます(^^)

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。