スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健全ロボダイミダラー パワーの源はHi-ERO粒子!!エッチな感情でペンギンと戦う迷惑な奴ら!!

アニメ
05 /25 2014
健全ロボ ダイミダラー Vol.1 [Blu-ray]

タイトル健全ロボダイミダラー
製作会社:ティー・エヌ・ケー
原作なかま亜咲(代表作:「火星ロボ大決戦!」「健全ロボダイミダラー」)
監督柳沢テツヤ(代表作:「神無月の巫女」、「蒼い世界の中心で」、「ハイスクールD×D」)
音楽:中西亮輔
ジャンルSFロボットラブコメ

内容:突如として地球に現れた『ペンギン帝国』を名乗る謎のペンギン軍団の巨大ロボットは地球上のあらゆる兵器を凌駕し、人類にひどい迷惑を掛けていた。

そんなある日、エロだけが生きがいの少年、真玉橋孝一の元に楚南恭子と名乗る謎の女性があらわれる。
孝一には『Hi-ERO粒子』という人類を救う力があると告げる恭子。
時を同じくして孝一の元に現れるペンギンたち!彼らは『ペンギン帝国』の尖兵たるペンギンコマンドであった!
彼の目的も孝一の持つ『Hi-ERO粒子』。

ペンギン帝国とは何者か?人類を救う力『Hi-ERO粒子』とは?
今ここに、あくなき戦いの火蓋が切って落とされた!

感想あれ?どこかで見た事あるような…
と、思っていたらコレ。「火星ロボ大決戦!」だ!


ペンギンを見て気付きました。
わりと隠れた名作、エロ系SFラブコメ4コマの「火星ロボ大決戦!」。
知ってる人は少ないんじゃないでしょうか。
そもそも連載されていた雑誌『COMICぎゅっと!』からして知ってる人ているのでしょうか?
私は知りません(笑)

じゃあ何で私が「火星ロボ大決戦!」を知ってるかと言えば、
移籍連載されていた雑誌『まんがタイムきららキャラット』で読んでいたからです。
はじめて読んだ時の感想は、 「なんだこれ?(笑)」 でしたが、なぜかそのまま最終回まで読んだ作品です。

フンボルトとかマカロニとか、キガシラ、コガタ、アデリーとかのペンギン帝国最強五人衆が好きでした。
ええもう、ペンギン帝国の奴らが面白くって結構楽しめたのを覚えています。

で、この『健全ロボダイミダラー』は、そんな「火星ロボ大決戦!」の続編に位置付けされます。
関連性は、同じペンギンたちが出てくることくらいで、ストーリーの関連性はとっっっっても薄いです。
余談ですが、「火星ロボ大決戦!」は、アニメ化されてないのに、なぜか続編がアニメ化。謎です。

内容に関しては、別に「火星ロボ大決戦!」を知らなくても、
充分すぎるほどエロギャグSF熱血ロボットアニメとして充分楽しめます。

まずOP曲『健全ロボ ダイミダラー』からして懐かしくもあり、おかしくもあり。
一度聞いてみてください。卑猥な歌にしか聞こえなくて笑えます。

一方、「火星ロボ大決戦!」を知っている人にとっては、あいかわずのペンギンたちの様子にクスリとできます。
また、つい最近放映された第8話ではある急変が起こりました。
なんと、ペンギン帝国最強五人衆のマカロニが本編に登場したのです!!
思わず、「おお!」っとなりました。
さらに!第9話の予告には、フンボルトたちの姿まで!!

という訳で、「火星ロボ大決戦!」を知ってる人も知らない人も、至って健全(?)なアニメ『健全ロボダイミダラー』を一度、観てみては?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
ご承知の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。