42 ~世界を変えた男~ ジャッキー・ロビンソンと、ブランチ・リッキーの物語。

    映画(ドラマ)
    05 /10 2014
    42 ~世界を変えた男~ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)

    タイトル42 ~世界を変えた男~
    公開:2013年
    監督ブライアン・ヘルゲランド
    脚本ブライアン・ヘルゲランド
    製作総指揮ジェイソン・クラーク、ディック・クック、ジョン・ジャシュニ
    ジャンルドラマスポーツ
    出演チャドウィック・ボーズマンハリソン・フォード

    内容:1947年、ブルックリン・ドジャース(ロサンゼルス・ドジャースの前身)のゼネラルマネージャーであるブランチ・リッキーは、ニグロリーグでプレーしているアフリカ系アメリカ人を選手としてチームに招く事を決意する。
    白羽の矢が立ったのは、ジャッキー・ロビンソン。彼は、人種差別に真っ向から抗議する選手。

    当時はまだ黒人差別が激しく、メジャーリーグも白人だけのものだった事から、彼の入団は球団内外に大きな波紋を巻き起こす。

    これは、アメリカ野球界に新たな風を起こそうとした男達の真実の物語である。



    感想:いや~。おもしろかったです。
    野球映画は、いつも遂々観てしまうのですが、この「42 ~世界を変えた男~」。
    久々に個人的お気に入りの野球映画にランクインしました。

    名優ハリソン・フォードはもちろん、主演のチャドウィック・ボーズマンもいい演技でした。
    最初から最後までのめり込んで見れる映画でした。
    同じ実話を題材にした野球映画と言えば、「オールドルーキー」ですが、比較にならないほど、面白かったです。
    題材はどちらも悪くないと思うのですが、やっぱり監督の違いが大きいのでしょうか?

    おすすめの映画です。
    特に、ジャッキーが、初めてメジャーの舞台で試合をするシーンは、見どころたくさんでした。
    ネタバレになるので多くは話せませんが、皆さんの想像通り、ここが彼らにとって大きなターニングポイントとなります。

    何が起きるか、ぜひ実際に観てみてください。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。