これは恋のはなし 小説家の三十路と、10歳の女の子の「歳の差恋愛」

    講談社コミックス
    03 /23 2014
    これは恋のはなし(1) (KCx ARIA)

    タイトルこれは恋のはなし
    出版社講談社
    著者チカ(代表作:「これは恋のはなし」)
    ジャンル恋愛
    掲載誌ARIA
    1巻以下続刊。

    内容:内海真一はスランプに陥った31歳のハードボイルド小説家。スランプを抜け出せない内海は、たまたま猫を飼うために空家と勘違いして内海の家に入ってきた10歳の少女・遥と出会う。
    内海は遥の妙な魅力に気圧され、遥が家に出入りする事を許す。
    スランプ中の内海は、親友であり担当でもある大垣に、遥をモデルに恋愛小説を書くように薦められてしまう。
    大垣の策略と、遥がかもし出す独特の寂しそうな雰囲気に内海は次第に創作意欲を掻き立てられていく。
    そうこうするうちに、遥は内海と接するうちに今までに体験した事のない感情を感じ始め…。

    果たして、21歳の年齢差を越え、2人の間に恋愛関係は成り立つか。
    今始まる、「これは恋のはなし」。

    感想:最初は遥をうっとうしがる内海。
    一方、遥は、ぶっきらぼうだが易しい内海に次第に惹かれていきます。
    それぞれの人間関係を巻き込みながら、次第に惹かれあっていくのですが、恋愛そのものよりも家庭問題や、友人関係が面白いです。

    そもそも歳の差を設けすぎたせいか恋愛話よりも、むしろそれらのお話がメインになっている気がします。
    まだまだストーリーは途中ですが、結末はどうなる事やら…。

    全く関係ないですけど、猫のサクラがとってもカワイイです!!


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。