スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聲の形 こえのかたち 転校してきたのは、聴覚障害を持った可愛い女の子。

講談社コミックス
01 /17 2014
聲の形(1) (少年マガジンコミックス)

タイトル聲の形 こえのかたち
出版社講談社
著者大今良時(代表作:「マルドゥック・スクランブル」、「聲の形 こえのかたち」)
ジャンルドラマいじめ聴覚障害
掲載誌週刊少年マガジン
1巻以下続刊。

内容:将也のクラスに転校してきた硝子は聴覚障害者の女の子。
自己紹介でノートの筆談を通じて、皆と仲良くなりたいとアピール。
しかし、硝子の障害が原因で授業が止まる事が多く、クラスメイト達はストレスを感じる一方になっていた。
そして合唱コンクールで入賞を逃したことを切っ掛けに将也を始めとするクラスメイトたちは硝子をいじめの標的とするようになり、補聴器を取り上げて紛失させたり、筆談ノートを池に捨てるなどエスカレートしていった。

度重なる硝子の補聴器紛失事件を機に、彼女の母親の通報によって校長同伴による学級会が行われるが、担任の竹内はいじめの中心人物であった将也のせいだと、威圧的に追求。
それに賛同する形でクラスメイト達も次々と将也のせいだと主張し始め、自分達も硝子に散々な仕打ちを行っていたにも拘らず、彼らは皆自己保身の為に暗黙の団結を結んで、全ての罪を将也一人になすり付けてしまう。
あまりにも信じられない出来事に愕然とする将也は、そのまま硝子に代わる新たないじめの標的となってしまい…。

感想:『いじめ』をとりあげた社会派作品です。
マルドゥック・スクランブル」の時もそうでしたが、絵のタッチが相変わらず、やさしいです。

かなりリアルに描かれていて、読んでて、ちょっと嫌な気分になる事もありますが、子供に読ませたくなる良いマンガです。
誰に感情移入するかで、見方が大きく変わると思いますが、私は、小学生編は『硝子』に高校生編は『将也』に感情移入して読みました。

ここまで書いといてなんなんですが…、コミックス版て小学生編収録されているのでしょうか?
たしか小学生編は読切だったと思うので、どうなんでしょう?

まあ、とにかく良い作品だと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
ご承知の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。