EREMENTAR GERAD エレメンタル ジェレイド 空族少年と宝石少女の冒険物語。

    マッグガーデンコミックス
    01 /08 2014
    EREMENTAR GERAD 1 BLADE COMICS

    タイトルEREMENTAR GERAD
    出版社マッグガーデン
    著者東まゆみ(代表作:「EREMENTAR GERAD」、「EREMENTAR GERAD-蒼空の戦旗-」)
    ジャンルファンタジー
    掲載誌月刊コミックブレイド
    全18巻。

    内容:風の空賊団「紅山猫」(レッドリンクス)に身を置くお調子者の少年クーはある日、盗んだ財宝の中から古びた大きな柩を見つける。柩の中には一人の少女が横たわっていた。
    偶然にも彼女を目覚めさせたクー。

    そんな折、「エディルレイド完全保護協会・アークエイル」を名乗る、シスカ、ローウェン、キーアという3人がクーの前に現れ、聞けば、クーが目覚めさせた少女を引き渡してほしいという。
    少女の名はレン。彼女は人間ではなく、人の姿をした生きた武器「エディルレイド」であり、その中で最強の力を持つ七煌宝樹の一人だと言うのだ。

    しかし、当のレンは、人間に利用されることを恐れ、また、エディルガーデンに行く事を望んでいた。
    その決意を知ったクーはレンと共に、なぜか同行することとなったアークエイルの3人を引き連れ一緒にエディルガーデンを目指す旅に出る。

    感想:「EREMENTAR GERAD」シリーズの「」の物語ですね。

    キャラモノです。それも男性よりも女性受けのほうがいい作品ではないかと。
    人間とエディルレイドが。同契(リアクト)した時に発揮される謳(うた)の力で、襲い来る敵をちぎっては投げ、ちぎっては投げしていきながら、目的地であるエディルガーデンへと向かう旅路の物語。

    それ以上でも、それ以下でもありません。お気に入りのキャラクターがいればおもしろいけど、いなければひたすら同じ事の繰り返し、かつ進行の遅さから読み進めるうちに飽きてしまう作品です。

    一応、最後まで読んだものの、15巻くらいでいい加減飽きてしまいました。

    絵が綺麗じゃなかったら、間違いなく途中で読むのを止めていました。
    あえて薦めるとすれば、10代の少年少女でしょうか。


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
    コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
    2016年末から株式投資はじめました。
    ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
    趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

    株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
    あくまで自分のためだけに書いております。
    名前の通り私は無様な愚か者です。
    参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
    予め、ご了承ください。
    くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


    URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
    立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです