ぼくたちと駐在さんの700日戦争 牧歌的な田舎で行われる人智を駆使したイタズラバトル。

    映画(コメディ)
    12 /25 2013
    ぼくたちと駐在さんの700日戦争 コレクターズ・エディション〈2枚組〉 [DVD]

    タイトルぼくたちと駐在さんの700日戦争
    公開:2008年
    監督:塚本連平
    原作:くろわっ
    脚本:福田雄一
    製作:宇野康秀
    音楽:Audio Highs
    主題歌:FUNKY MONKEY BABYS「旅立ち
    ジャンル:コメディ
    出演:市原隼人、佐々木蔵之介、竹中直人、麻生久美子、石田卓也、倉科カナ
    上映時間:110分

    内容:1979年、とある田舎町。
    イタズラを仕掛けることに生きがいを感じていたママチャリ(市原隼人)は、喧嘩の強いエロガッパ・西条(石田卓也)、偏差値0の男・孝昭(加治将樹)、恋する星の王子様・グレート井上(加来賢人)、一食2000kcalの食いしん坊・千葉くん(脇知弘)、キュートな後輩・ジェミー(冨浦智嗣)、ダブリ1年目の留年大王・辻村さん(小柳友)ら6人を率いて、気ままな高校生活を送っていた。

    ところが、新しい駐在さん(佐々木蔵之介)の就任により、ただのイタズラは血潮を燃やすバトルへと変わってしまう。
    なんとその駐在は、イタズラをやられたらやり返す大人げない人物だったのだ!


    感想:思った以上に面白かった。
    FUNKY MONKEY BABYSの「旅立ち」につられて観たのですが、市原隼人はじめ、配役もとても馴染んでいたと思います。

    欲を言えば、コメディにもっと徹して、笑いを取りに来てほしかったです。
    一個一個のネタで爆笑を狙う内容ではなく、一貫したストーリーの中で、小さな笑いを積み重ねるタイプの映画でした。

    ママチャリがクラスメイトにブラジャーを借りに行くシーンや、ジェミーがなぜジェミーなのかがわかるシーンなんかが特に好きです。

    でも、登場人物では、西条が一番好きでした。
    「あの駐在のヤロー、許せねえ!!」
    と息巻く彼の生き生きした姿は見ていてとても楽しめました。

    それにしても、続編あってもおかしくない内容なのに、一向に続編が出ないのは何故?

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。