スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喧嘩商売 「幕張」の木多康昭が描く、まさかの本格格闘マンガ。

講談社コミックス
12 /21 2013
喧嘩商売(1) (ヤングマガジンコミックス) 最強の格闘技は何か?

タイトル喧嘩商売
出版社講談社
著者木多康昭(代表作:「幕張」、「泣くようぐいす」、「喧嘩商売」)
ジャンル格闘コメディ
掲載誌週刊ヤングマガジン
全24巻。

内容:宇都宮の大地に降り立った転校生・佐藤十兵衛、17歳。
一見どこにでもいる思春期の高校生だが、転校初日に、同級生の胸を揉んだり、恐れを知らぬ喧嘩魂ゆえにいつもまわりは敵だらけだったり!

漫画界の恐れを知らぬ修羅・木多康昭特有の危ないネタ満載でお送りする本格喧嘩大河ロマン!!

感想:田島彬主催の陰陽トーナメント開催決定と、激アツ展開の最中に第一部完。
もう復活しない可能性もかなり高かったですが、タイトルは、「喧嘩家業」にかわったものの、
ようやく連載再開されましたね!!

危ないネタは、連載時にはとても光るものを感じますが、コミックになった後になると、時期を外している感じがどうにも“やるせない”ですが、本編の格闘部分が、「え?本当に木多康昭が描いてるの?」と思わずには入られないほど、本格的に面白いです。

陰陽トーナメント参加者に限らず、作中で描かれる(ネタキャラの高校教師も含めて)キャラ全員にドラマがあり、そのへんも読んでいて楽しいです。

不満をあげるとすれば、伝説の格闘家、山本陸と、入江文学の父・入江無一の戦いが実現しなかった事が非常に残念なことくらいでしょうか。

格闘マンガが好きな人には、断然オススメです。

あ、ちなみに一番好きなキャラは、桜井裕章です。もうとにかくカッコイイ!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
ご承知の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。