一番湯のカナタ 彗星のごとく現れ、流星のごとく散っていた浴場コメディ!

    小学館コミックス
    12 /09 2013
    一番湯のカナタ(1) (少年サンデーコミックス)

    タイトル一番湯のカナタ
    出版社小学館
    著者椎名高志(代表作:「GS美神極楽大作戦!!」、「MISTERジパング」、「絶対可憐チルドレン」)
    ジャンルSFコメディ
    掲載誌週刊少年サンデー
    全3巻。

    内容:傾きかけの銭湯・「星乃湯」を1人で切り盛りする高校生・星乃涼。
    その「星乃湯」に、突然異星人がやってきた!
    ある星の亡命貴族だと言う王子・カナタと、王女・ユウリ、お供のじいの異星人3人組は、「星乃湯」に居候することになり…。

    感想:つまらなかった訳ではない。ただただ「GS美神極楽大作戦!!」には到底及ばず、「MISTERジパング」よりも面白さが伝わりにくかった作品だと思います。

    ぶった切りますが、銭湯が舞台って言うのが、一番人気が出なかった理由じゃないかな~と邪推しています。
    ギャグのノリは、従来の椎名高志節も充分効いていたと思いますし…。

    編集さんのテコ入れが早い段階で的確に入っていれば10巻分くらいは続いたのではないかな~と思えるくらいには楽しい作品だと思います。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。