スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dämons ダイモンズ 手塚治虫の『鉄の旋律』を元に米原秀幸が大胆にリメイク。

秋田書店コミックス
12 /01 2013
Da¨mons 1 (少年チャンピオン・コミックス)

タイトルDämons ダイモンズ
出版社秋田書店
原作手塚治虫(代表作:「鉄腕アトム」、「火の鳥」、「ブラック・ジャック」、「ブッダ」)
作画米原秀幸(代表作:「ウダウダやってるヒマはねェ!」、「フルアヘッド!ココ」、「Dämons ダイモンズ」)
掲載誌週刊少年チャンピオン
ジャンルSFアクション
全13巻。

内容待ち受けていたのは、死でも絶望でもなく、限りない憎悪だった。

信じていた親友達によって両腕を、そして最愛の妻と娘を奪われた男、ヘイト。
死の淵から這い上がり、異形の力「ゼスモス」を身に付けたヘイトは、その力を以って異形の鉄の腕を操り、かつての親友達5人に復讐する事を心に誓う。
ジェスト、ラフィン、ランパート、アールダー、そして、自分を心の友とまで呼んだプログレス。
ヘイトの復讐は果たして叶うのか…。

ヘイトの恐ろしくも悲しい復讐劇が今始まる!


感想:ナノテクノロジーの軍事転用に反対したために、5人の親友により妻と子供が殺されたヘイト。
同じ復讐モノとしては、「RED」に復讐の動機の凄惨さが負けますが、そのストーリー性の高さは負けていません。

特に、復讐相手のプログレスの存在感がいいです。彼の野望もまた愉快なモノでした。
そして、同じくらい物語を盛り上げてくれた存在。もう一人のゼスモス使いスワロウも忘れてはいけません。

原作「鉄の旋律」を読んだことがありませんが、機会があればぜひ読んでみたいと思いました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
ご承知の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。