最上の命医 “無限の樹形図”を救うため命を懸けて戦う医師達の物語。

    小学館コミックス
    11 /27 2013
    最上の命医(1) (少年サンデーコミックス)

    タイトル最上の命医
    出版社小学館
    原作入江謙三(代表作:「最上の命医」、「最上の明医~ザ・キング・ オブ・ニート~」)
    作画橋口たかし(代表作:「焼きたて!!ジャぱん」、「最上の命医」、「最上の明医~ザ・キング・ オブ・ニート~」)
    掲載誌週刊少年サンデー
    ジャンル医療
    全11巻。

    内容:0歳の時、心臓の大手術を受けた西條命は自分を治した神道護のような「最上の命医」を目指していた。

    10歳のとき、友人と釣りに出かけていた命は、怪我で倒れた友人を、船の上で、電話の指示だけでなんとか手術を成功させる。これがきっかけで、命は医者は目の前の患者だけではなくその家族や子孫の繋がりである「無限の樹形図」を救うことなのだと知る。

    それから十数年後、命は、勤務先であり、かつて医療ミスが原因で小児外科が廃止されていた平聖中央病院で、小児外科を復活させ、最先端の小児外科としようとするのだが、そこに病院の確執や利権をはじめ、命の小児医療改革には様々な困難が立ち塞がり…。

    感想医療漫画なんだけど、思いのほか、策謀が渦巻く内容です。
    医療バトル漫画と言ってもいい気がします。実際に医者同士が殴りあいの喧嘩をする訳ではありませんが、手術をするしない、成功するかしないかなど、とにかく対立します。
    正直、医療についての内容はまるで理解できないですが、医療ドラマとして、充分面白かったです。

    ただ一つ、不満があるとすれば、最上命が主役の第一部が突然に終わり、最上義明が主役で、趣きがまるで変わってしまった「最上の明医~ザ・キング・ オブ・ニート~」が始まった事くらいでしょうか。

    関係者の皆さん。もう一度、最上命を主役で物語を展開していただけないものでしょうか。どうかよろしくお願いします。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。