伏 鉄砲娘の捕物帳 里見八犬伝をモチーフにした文藝春秋創立90周年記念作品。

    アニメ
    11 /25 2013
    伏 鉄砲娘の捕物帳 Blu-ray

    タイトル伏 鉄砲娘の捕物帳
    製作会社トムス・エンタテインメント
    原作桜庭一樹(代表作:「GOSICK―ゴシック」「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」)
    監督宮地昌幸(代表作:「亡念のザムド」、「伏 鉄砲娘の捕物帳」)
    脚本大河内一楼
    音楽大島ミチル
    ジャンル古典ファンタジー

    内容:江戸では、「伏」と呼ばれる半人半犬の者たちの暗躍が世間の耳目を集めていた。人の生魂をとって食らうという彼らに、幕府は高額の懸賞金をかけ、「伏」を退治し一攫千金を狙う者も後を絶たなかった。

    「伏」を討ち捕え浪人暮らしを脱しようと考えた男、道節は、陸奥の山奥で人並み外れた狩りの腕を持つ猟師にして、妹の浜路を江戸に招くが、江戸にあっては何も知らぬ小娘に過ぎない浜路は、道に迷い、ひょんなことから男たちに追われる優男・信乃に出会う。男たちを撃退した後、浜路は信乃の案内で、道節に会う事ができたが、信乃は忽然と姿を消していた。

    兄の案内で「伏」を探す日々を送る中、遂にとある「伏」を仕留める浜路。
    その時、今までの狩りにない感情を味わい複雑な気持ちになる浜路だったが、そんな中、心を寄せる存在となっていた信乃が伏である事を知り…。

    感想:人間と犬の間に生まれた「伏」とそれを狩る少女の恋物語です。
    文藝春秋創立90周年作品としては、どこか物足りない感じでした。
    2時間になんとかまとめられた作品と言えば適切でしょうか。
    登場人物の心情の掘り下げが足りない気がしてならない作品でした。
    CMを見て期待していただけにちょっと残念でした。

    ただ、里見八犬伝の事を詳しくは知らなかったため、そういう意味では楽しめる作品ではありました。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。