ラスト・アクション・ヒーロー いざ行かん。誰もが夢見る映画の世界へ!!

映画(アクション)
11 /20 2013
ラスト・アクション・ヒーロー [Blu-ray]

タイトルラスト・アクション・ヒーロー
公開:1993年
監督ジョン・マクティアナン
脚本:デヴィッド・アーノット、シェーン・ブラック
製作総指揮アーノルド・シュワルツェネッガー
音楽:マイケル・ケイメン
ジャンルアクション
出演アーノルド・シュワルツェネッガーオースティン・オブライエンロバート・プロスキーチャールズ・ダンストム・ヌーナン
上映時間:131分

内容アクション映画『ジャック・スレイター』シリーズの大ファンである映画好きの少年ダニー(オースティン・オブライエン)は、寂れた映画館に入り浸りる日々を送っていた。

ある日、老映写技師ニック(ロバート・プロスキー)の特別な計らいにより、『ジャック・スレイター』シリーズ最新作の試写を鑑賞できることとなったダニー。
喜び勇むダニーに、ニックは魔術師からもらったという「魔法のチケット」を手渡す。
なんでもそれは「異次元へのパスポート」なのだとか。

チケットを手にしたダニーが『ジャック・スレイター』を観ていると、悪役が投げたダイナマイトが突如スクリーンから飛び出し、眩い光に包まれる。
気がつくと、そこはたった今スクリーンで観ていたはずのジャック・スレイター(アーノルド・シュワルツェネッガー)が運転する車の中であった。

感想:映画の世界に入り込むという夢溢れるストーリー。それだけでもワクワクして見れるのに。ロバート・パトリックやら、シルヴェスター・スタローン、シャロン・ストーンなどなど数々の映画俳優がカメオ出演していて、彼らを探しているだけで楽しいです。

主演のシュワちゃんだけでなく、老映写技師ニックに名脇役のロバート・プロスキーの演技にも注目したいところです。
ところで、ダニー役のオースティン・オブライエン。この映画以外で見たことがないのですが、彼は、その後どうなったのでしょうか?
微妙に気になります。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

期待しすぎたのかもしれません

こんばんは。

公開当時はシュワちゃん+マクティアナンという当時の絶好調コンビに期待値が異常なまでに高鳴っていて、そのせいか実際見たときの落胆はかなりなものだったんですけど(ーー;) この数年あらためて見返してみたらそんなに悪い映画じゃないなって思うようになりました。

なんでもフラットな気持ちで入らないと直ぐには楽しめないと言うことでしょうね・・・

あ、それとオースティン・オブライエン今もそこそこドラマや映画出てる見たいですよ。FOXの「ボーンズ」にゲスト出演してたようですし。

Re: 期待しすぎたのかもしれません

しろくろShowさん こんばんは!
コメントありがとうございます。

> 公開当時はシュワちゃん+マクティアナンという当時の絶好調コンビに期待値が異常なまでに高鳴っていて、そのせいか実際見たときの落胆はかなりなものだったんですけど(ーー;) この数年あらためて見返してみたらそんなに悪い映画じゃないなって思うようになりました。
>
> なんでもフラットな気持ちで入らないと直ぐには楽しめないと言うことでしょうね・・・

私は、ワクワクのみで、どこで誰が出てくるかを探すだけで充分、最後まで楽しめました。
でも、確かに見た当時はまだまだガキだったので、それこそ、「真っ直ぐフラットな気持ち」だったからかもです。

> あ、それとオースティン・オブライエン今もそこそこドラマや映画出てる見たいですよ。FOXの「ボーンズ」にゲスト出演してたようですし。

おお!そうなんですか!そうすると、成長した彼に私が気付いてないだけで、何度か見掛けている可能性が高いと言う事ですね。ちょっと調べてみたいと思います。情報ありがとうございます。

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
名前の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです