真・北斗無双 北斗無双が、追加要素たっぷりで再登場。

    格闘・アクション
    11 /12 2013
    真・北斗無双(通常版)

    タイトル真・北斗無双
    発売元コーエーテクモゲームス
    開発元コーエーテクモゲームス
    機種PS3,Xbox360,Wii U
    ジャンルアクション
    プレイ人数:1~2人

    内容:「伝説編」は、前作未収録だったエピソードを追加し再構築されたラオウ編に加え、天帝編、修羅の国編、バット・リン編まで収録。
    北斗の拳」を原作としたゲームとしては最も幅広いエピソードを網羅したゲームとなった。

    プレイアブルキャラクターも増え、アクション面も強化、スピーディーさも増し、前作以上に爽快感アップ。
    また、ジャンプは廃止され、回避、ダッシュといった動作への変更も。

    前作同様「幻闘編」ももちろん収録。
    オンラインプレイに対応しており、ネットワークを介した協力プレイ、対戦プレイも可能。

    感想:「伝説編」、「幻闘編」どちらもアクションは楽しいです。
    ただ、システム面にストレスが溜まる一面もあります。それは、敵の数です。
    真・三國無双」や「戦国無双」であれば、ほぼ無限に沸き続けるのですが、この「真・北斗無双」では、倒すのに必要な人数ぴったりしか雑魚が登場しません。しかも、一度に出てくる雑魚の量に限りがあるため、出ている雑魚を早々に倒しきると雑魚敵の出待ちが発生します。
    それさえなければ、リンやバットまで使える事も含めて非常に面白いのですが…。

    それにしても、このゲーム最強のプレイアブルキャラってリンだと思うのですが、コレってどうなんでしょう。
    北斗も南斗も霞んで見えるほど強いゲリラ少女。そう考えるととても微妙な気が…。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。