RATMAN ラットマン なぜRATなのか最後までわからなかった。誰か教えて!

    角川書店コミックス
    11 /03 2013
    RATMAN(1) (角川コミックス・エース)

    タイトルRATMAN ラットマン
    出版社角川書店
    著者犬威赤彦(代表作:「MURDER PRINCESS」、「RATMAN ラットマン」)
    ジャンルヒーローアクション
    掲載誌月刊少年エース
    全12巻。

    内容:背が小さい事がコンプレックスでヒーローに憧れる葛城修斗は、謎の骸骨集団(ジャッキー)に攫われ、秘密結社「ジャッカル」の元、悪のヒーローRATMAN」として悪事を働くことになってしまう。
    初めは嫌々やっていた修斗だったが、ヒーローとして活動する度に喜びを感じ始めていた。

    しかし、悪のヒーローという立場から、正統派のヒーローと対立。
    彼らと戦ううちに「RATMAN」の危険な力に気付き、修斗は、自分はヒーローとしてやっていけないと感じはじめ…。

    感想:自分を救ってくれたシャイニングマンと言うヒーローに憧れ、ヒーローを目指す少年が、何の因果かダークヒーローに。
    と言うところから、はじまるのですが、この肝心の悪の秘密組織ジャッカル、ひじょ~にほのぼのした存在です。
    どれくらいほのぼのしているかと言うと、「天体戦士サンレッド」のフロシャイム並です。

    そんな訳で、ストーリーもゆるゆるで、特にシリアスな展開はありません。あっても特に緊迫感などを感じることができない。完全なヒーローを題材にした娯楽漫画です。

    正直、この作品よりも「MURDER PRINCESS」の続編のほうがよっぽど読みたい…。
    第二部発表されないかな…。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
    コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
    2016年末から株式投資はじめました。
    ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
    趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

    株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
    あくまで自分のためだけに書いております。
    名前の通り私は無様な愚か者です。
    参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
    予め、ご了承ください。
    くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


    URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
    立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです