スパロウズホテル 美人フロント係の佐藤さんは、凄腕用心棒!?

    竹書房コミックス
    10 /11 2013
    スパロウズホテル (1) (バンブーコミックス 4コマセレクション)

    タイトルスパロウズホテル
    出版社竹書房
    著者山東ユカ(代表作:「ヒミツの保健室」、「カテゴリ・テリトリ」、「スパロウズホテル」)
    ジャンル4コマ
    掲載誌まんがライフ
    1巻以下続刊。

    内容:「スパロウズホテル」の新人フロント係・佐藤小百合は、ホテルマンとしてはまだまだ未熟だけど、かわいい顔とは裏腹に高い身体能力を持ち、トラブルを起こす人達を秒殺で倒す暗殺という特技を持つ武闘派。
    繁華街の真ん中にある「スパロウズホテル」では、主任の塩川環の指導の下、治安悪化を防ぐ用心棒としても活躍中。

    一風変わったフロント係と、「スパロウズホテル」の同僚達の職場での日常を描くビジネスホテル4コマ

    感想:裏家業の人間が表の仕事について起こる“すったもんだ”という鉄板ネタだけど、読んでみると優秀だが、微妙に非常識かつ腹黒いところがある主任、空気のように存在感の薄い、私生活に問題がある大学生バイト、シスコン過ぎる営業部長など、個性的なキャラが多く、異色なはずの佐藤さんも意外と普通に見えてしまう。
    こんなホテルがあるなら、泊まってみたいと心底思えます。佐藤さん達にとっては日常でも、宿泊客目線で見たら、イベントだらけのホテル。佐藤さん達が働いている様、ただそれだけで見ているだけで楽い事間違いなし。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。