STEINS;GATE シュタインズゲート 厨二病全開のSF世界改変ストーリー!!

    アニメ
    09 /15 2013
    STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]  「鳳凰院凶真だ!!」

    タイトルSTEINS;GATE シュタインズゲート
    製作会社WHITE FOX
    原作:5pb./Nitroplus
    監督佐藤卓哉(代表作:「NieA_7」、「生徒会の一存」、「STEINS;GATE シュタインズゲート」)
    音楽阿保剛村上純
    キャラクターデザイン坂井久太
    ジャンルSF
    全25話。

    内容:2010年、夏。厨二病から抜け出せない大学生・岡部倫太郎(声:宮野真守)は、自称“狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真”を名乗り「未来ガジェット研究所(通称:ラボ)」を立ち上げ、用途不明の発明品を日々生み出していた。
    だが、ある日、偶然にも過去へとメールが送れる「タイムマシン」を作り出す。
    世紀の発明と興奮を抑えきれずに、興味本位で過去への干渉を繰り返していった。
    しかし、それはやがて、回避不可能の悲劇を生みこととなり・・・。
    唯一、変わる前の世界の出来事を記憶できる岡部の孤独な戦いが始まる。

    果たして彼は、運命を乗り越えることができるのか!?

    感想:観たきっかけは、友人の薦め。
    第1話で登場人物たちのウザサに嫌気が差して見るのを辞めたくなったりもしましたが、なんとか全部観ました。

    結論から言うと、ダルイ内容でした。
    21話くらいまでクソつまんないです。ひたすら伏線を張りまくり、それが生きてくるのが残りがあと4話(25話はエピローグのため省く)となったところです。

    途中で起こる悲劇も映画「タイムマシン」を観た事ある人なら、今さら感が強くて、正直「だからどうしたの?」と言うレベルです。
    より致命的なのが、まだ面白いと思える第21話~第24話も、普通に面白いアニメ以上に「滅茶苦茶面白い!」という事もありませんでした。

    TV版を劇場版アニメとして、2~3時間くらいでまとめたら、ちょうどいい面白さになるんじゃないかなあと思います。
    (※劇場版もありますが、そちらはTV版のアフターストーリーです。)


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株式投資に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更しました。

    株式投資は長期投資(1年~5年保有)を主軸としていますが、短中期をやらないという訳でもないです。
    投資判断はファンダメンタルズ分析をメインにしてますがテクニカルもある程度は気にします。

    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。