PS3,Xbox360などの家庭用ゲームの課金DLCというモノについて考えてみる。

未分類
08 /24 2013
最近では、

ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル (通常版) (初回封入特典 プレイアブルキャラとして「吉良吉影」が使用可能になるDLコードがついた「川尻早人メモ」! 同梱)







ジョジョの奇妙な冒険
オールスターバトル


ちょっと前では、

STREET FIGHTER X 鉄拳(通常版)  STREET FIGHTER X 鉄拳

などありますが、主にバンダイナムコゲームスが販売元のゲームが槍玉に上げらている課金DLC課金専用キャラなどゲームの根幹に関わるDLC)について、毎回、「こういう売り方すれば良いのに」と思う売り方があるのですが…。

それならば、消費者と生産者の溝が埋まると思うのです。
どういう販売方法かと言いますと…

(もし、もうこの売り方してる!という会社さん。ありましたら申し訳ありませんm(_ _)m)

1.新品には、上記のようなDLCを全て必ず一度だけは、無料でDLできるプロダクトコードをそれぞれ梱包し、中古で購入した人だけは、どーしてもDLCの要素がほしい人だけが、課金で購入してもらうという仕様にすれば、新品を買った人は損をしないし、中古で買った人も、ゲーム製作会社が本来収入がない中古品から収入を得る苦肉の策として認めてもらえると思うし、これなら損する消費者はいないし、むしろ新品を買った人はあとで得した気分になれると思う。

2.全ての課金DLCに特定の販売期間(例:ソフト発売から3~4年後までとか)を設け、その販売期間を過ぎたら、無料提供品にするという仕組みにする。コレなら、すぐにその要素を遊びたいと言う人だけが課金してDLCを入手すればいい話で済むので、どうするかはソフト購入者の自由となり、最終的には、誰もが同じ内容のゲームを楽しめる。

上記2つは、そもそも課金DLCはゲーム製作会社の中古対策であり、課金DLCに怒っている人達は、新品で購入している人達であるという前提で考えたものです。
これなら、正規購入者(新品購入者)は、絶対文句言わないと思うし、ゲーム会社にとっても頭の痛い中古品のせいで、販売本数の減少というジレンマを減らせると思います。

課金DLCに怒っているみなさん、このアイディアどうでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
名前の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです