学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 唐突に現れた“奴ら”の手によって僕達の学園生活は終わった。

    富士見書房コミックス
    08 /19 2013
    学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 104-1)

    タイトル学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
    出版社富士見書房
    作画佐藤ショウジ(代表作:「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」、「トリアージX」)
    原作佐藤大輔(代表作:「皇国の守護者」、「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」)
    ジャンルサバイバルパニックアクション
    掲載誌月刊ドラゴンエイジ
    1巻以下続刊。

    内容: 昼下がりの私立藤美学園、惨劇は突然に起きた。切っ掛けは、校門の前に現れた、謎の不審者だった。
    その不審者は男性教諭に突如噛み付き始め、噛まれた男性教諭も様子が一変。
    その様子を屋上から見ていた小室孝は危険を感じ、幼馴染の少女・宮本麗とその彼氏で親友の井豪永と共に、学園脱出を計るのだが…。

    感想:ゾンビものです。なぜか人気が高いようですが、私には人気の理由が理解できません。確かに面白いと言えば、面白いですが、だからと言って他のゾンビものに勝るような“何か”がある訳でもないし。
    同じゾンビものなら「アイアムヒーロー」のほうが断然好きです。

    そんな事より許せないのが、連載休止が多くて、しかも長すぎる事!
    原作者の佐藤大輔が心臓疾患になったりとか色々あったみたいですが、結局、一番の原因は執筆の遅れ。

    病気はしょうがないと思うけど、一読者としては完結に向けてもっと頑張ってほしい。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。