こもれびの国 あたたかい木漏れ日の差すとある国の女の子たちの日常。

    ワニブックスコミックス
    07 /25 2013
    こもれびの国 1 (GUM COMICS)

    タイトルこもれびの国
    出版社ワニブックス
    著者得能正太郎(代表作:「こもれびの国」)
    ジャンルファンタジー日常
    掲載誌コミックガム
    全4巻。

    内容:リュリュは、活発で明るい女の子。コレットは、お城の騎士に恋する女の子。レムは、2人の通う聖ウルバーニ学校にやってきた物静かな女の子。
    これは、そんな3人の女の子が織り成す叙情的な日常を描いた、ごくごく平凡な物語。

    感想オールカラーで美麗に描かれる3人娘の三重奏!
    ストーリーはただひたすら、彼女たちの平和な日常を追っており、特に悪者も出なければ事件だって起きない。
    すべての話が短編ですが、作品自体にはちゃんと全体の流れがあり、現実と同じく積み重なっていく日常が描かれています。
    日々に疲れている人に日常の良さを思い出させてくるマンガです。
    リュリュ、コレット、レムだけでなく出てくる女の子がみんな可愛いのもこの作品の特徴でしょうか。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。