私がクマにキレた理由 エマ・マクローリンの「ティファニーで子育てを」の映画版!

映画(ドラマ)
06 /28 2013
私がクマにキレた理由 (特別編)〔初回生産限定〕 [DVD]

タイトル私がクマにキレた理由
公開:2008年
監督シャリ・スプリンガー・バーマンロバート・プルチーニ
脚本シャリ・スプリンガー・バーマンロバート・プルチーニ
原作:「ティファニーで子育てを」(著:エマ・マクローリン
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン、ケリー・カーマイケル
ジャンルコメディ
出演スカーレット・ヨハンソンローラ・リニーポール・ジアマッティアリシア・キーズクリス・エヴァンス
上映時間:106分



内容:マンハッタンにある超高級アパートの一室で、クマのぬいぐるみに向かって怒りをブチまける一人の女性がいた。彼女の名はアニー・ブラドック(スカーレット・ヨハンソン)。
アパートの住人であるX家に雇われ、5歳の息子グレイヤー(ニコラス・リース・アート)の面倒を見ているナニーだった。なぜ、彼女はクマのぬいぐるみを相手に怒りを顕わにしているのか?
話は数ヶ月前にさかのぼる…。

感想:がっつり笑える作品ではありませんでした。コメディと言うよりかはドラマです。
テーマは親子愛と成長。大学を卒業し大手投資銀行の就職面接を受けるが、よくある質問に答えることができず、その場を逃げたアニーが、子守を通じて成長していく姿と、そんなアニーのおかげで本当に大切なものに気づかされるミセスXがこの映画のメッセージを色濃く描いていると思います。
つまんない理由や、発狂するほどの怒りを披露してくれる笑いを期待していただけに正直、肩透かしでした。
良くも悪くも予告に騙されました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんわ

そうですね。地味目の作品でしたよね♪

欧米とは文化が違うので、あまり親近感を持つ内容では
ありませんでしたが、興味深く見たのを覚えています。

日本は核家族が多く、母親が仕事をせず子供を見るしかない現状を
変える方法があれば良いのに、と思います。
TBさせていただきます。

Re: こんばんわ

mia☆miaさん こんばんわ!

> 日本は核家族が多く、母親が仕事をせず子供を見るしかない現状を
> 変える方法があれば良いのに、と思います。

そうですね。アメリカでは、11歳?(うろ覚え)までの子供には、必ずベビーシッターをつけなくてはいけないと法律化されていると聞いたことがあります。
日本もそうすれば、その問題は解決されるかも知れませんが、
しかし、今度は家庭の経済を直撃してしまいますし…。

本当に何かいい方法があればいいですね。

トラックバック

私がクマにキレた理由

私がクマにキレた理由 (特別編)〔初回生産限定〕 [DVD](2009/11/06)スカーレット・ヨハンソン、ローラ・リニー 他商品詳細を見る 【THE NANNY DIARIES】 制作国:アメリカ  制作年:2007年

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
ご承知の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです