かんなぎ 木彫り像から顕現した神様が、魔法のステッキ(玩具)を片手にお祓い

    一迅社コミックス
    06 /27 2013
    かんなぎ 1 (REX COMICS)

    タイトルかんなぎ
    出版社一迅社
    著者武梨えり(代表作:「TAKE MOON」、「かんなぎ」)
    ジャンルファンタジーラブコメ
    掲載誌:Comic REX
    1巻以下続刊。

    内容:美術部員の御厨仁は地区展に作品を出すため、友人から貰った神薙神社の御神木を材料に手彫りの精霊像を作っていた。
    が、突如置いていた精霊像が砕け、中から神様を名乗る少女“ナギ”が現れ…。

    感想:「かんなぎ」と言えば、ネットの脅威を知らしめたかんなぎ騒動」で有名ですが、その原因って言うのが、一部の処女信仰を持った一部ファンがヒロインであるナギを非処女と断定したことからだとか。
    しかも騒ぎが始まってすぐ、作者が急病(公式発表はくも膜下出血だけど、これも本当かどうか…)に倒れ、「かんなぎ」の休載が発表され、騒ぎが原因で、作者が心労で倒れたとされ、さらに騒ぎが面白おかしく助長されるという人間の嫌な側面を見せ付けられるかのような嫌悪感すら感じましたが、

    しょーじき、そんなこたーどーでもいい話です。

    作品としてはありきたりなドタバタ劇で、お約束を楽しめる人には充分面白いと思います。
    個人的にこの作品、ナギが処女かどうかなんてど~でもいい事より、よっぽど気になることがありまして、それは…。

    ミッションスクールなのに、どいつもこいつも制服のスカートがやたらと短すぎる事。
    もう気になってしょうがない!


    萌えを狙ったデザインなんだろうけど、違和感を感じずにはいられません!
    いつもだったら別に気にならないんですが、この作品は、なぜか気になってしょうがありません。
    制服のデザインのせいでしょうか?




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。