ミミズクと夜の王 魔物の森に住む夜の王と奴隷として生きた少女の邂逅

    アスキー・メディアワークスノベル
    08 /05 2012
    ミミズクと夜の王 (電撃文庫)


    「タマシイ?それ何?」
    「身体の中にあるものだ」
    「身体の中にあるものはー、血とー、ぐちゃぐちゃしたものとー、それから食べた物だけだよ?」





    タイトルミミズクと夜の王
    出版社:メディアワークス
    レーベル電撃文庫
    著者紅玉いづき(代表作:ミミズクと夜の王MAMA雪蟷螂
    イラスト磯野宏夫
    ジャンルファンタジー

    内容:魔物のはびこる夜の森に、一人の少女が訪れる。額には「332」の焼き印、両手両足には外されることのない鎖、自らをミミズクと名乗る少女は、やがて美しき魔物の王と出会い、願いを告げる。「あたしのこと、食べてくれませんかぁ」死にたがりやのミミズクと、人間嫌いの夜の王。全ての始まりは、美しい月夜だった。それは、絶望の果てからはじまる小さな少女の物語。

    第13回電撃小説大賞「大賞」受賞作

    感想子供に読み聞かせたい本。童話さながらの雰囲気。実際、人によっては特にいい大人にはその優しすぎる世界観がちょっと物足りないかも知れませんが、ほんわかできる作品です。自然と誘われるおとぎ話。絵本にしたらもっと良いとおもうんだけどなあ~。
    私がこれを読んだのは確か20代前半の時ですが、とにかく子供の頃を思い起こされました。

    (追記)
    正統続編として「毒吐姫と星の石」。関連作品として「MAMA」「雪蟷螂」が刊行されています。
    MAMA」記事はこちら
    雪蟷螂」記事はこちら
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント

    初めまして

    ブログ村から飛んで来ました。

    このヒロインの白痴っぷりは心打たれる描き方で感心しました。続編も面白いらしいのですが、なかなか手が伸びていません~。

    Re: 初めまして

    > ブログ村から飛んで来ました。
    >
    > このヒロインの白痴っぷりは心打たれる描き方で感心しました。続編も面白いらしいのですが、なかなか手が伸びていません~。

    Medeskiさん コメントありがとうございます!!
    続編も面白いですが、紅玉いづきの作品では、そのうち記事書く予定ですが「雪蟷螂」がダントツでオススメです。ぜひ読んでみてください!

    初めまして。
    ブログ村のトーナメントから来ました。

    ミミズクと夜の王は、私の大好きな作品のひとつですね!
    しかし正統続編が出ているとは知りませんでした。
    買って読んでみようと思います。

    Re: タイトルなし

    > 初めまして。
    > ブログ村のトーナメントから来ました。
    >
    > ミミズクと夜の王は、私の大好きな作品のひとつですね!
    > しかし正統続編が出ているとは知りませんでした。
    > 買って読んでみようと思います。

    ハマの三文芝居さん はじめまして。
    面白いのでぜひ読んでみてください(^^)

    トラックバック

    ミミズクと夜の王

    「…………まもの?」 「そうだ」 「あたし喰う?」 「喰わぬ」 「ちぇーなんだ。がっかり!」 ミミズクと夜の王 (電撃文庫)(2007/02)紅玉 いづき商品詳細を見る

    無様な愚か者

    プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
    コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
    2016年末から株式投資はじめました。
    ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
    趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

    株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
    あくまで自分のためだけに書いております。
    名前の通り私は無様な愚か者です。
    参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
    予め、ご了承ください。
    くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


    URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
    立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです