テルマエ・ロマエ

    エンターブレインコミックス
    08 /04 2012
    テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)   「何だ?この平たい顔の者達は?」

    出版社エンターブレイン
    著者ヤマザキマリ(代表作:テルマエ・ロマエ
    ジャンル:浴場・ドキュメント
    掲載誌コミックビーム
    全6巻。

    内容:西暦130年代の古代ローマ、ハドリアヌス帝時代。浴場設計技師ルシウス・モデストゥスは、革新的な建造物が次々に誕生する世相に反した昔ながらの浴場の建設を提案するが採用されず、事務所と喧嘩別れし失業状態に・・・。
    落ち込む彼の気を紛らわせようとする友人マルクスと共に公衆浴場に赴いたものの、騒々しさに耐えかね雑音を遮るため湯中に身を沈めたルシウスは、壁の一角に奇妙な排水口が開いているのを見つけ、仕組みを調べようと近づいたところ、足を取られて溺れてしまう。不測の事態にもがきながらも水面に顔を出すと、そこはローマ人とは違う「平たい顔」の民族がくつろぐ、見たこともない様式の浴場にだった。
    これ以降、ルシウスは自分の意志とは無関係に度々「平たい顔族」の風呂へ訪れては、古代ローマと現代日本の世界を行き来し、そこで得たアイディアをローマでの浴場設計・運用に活かし、浴場設計技師として名声の名声を得ていく。
    この作品は、古代ローマ人と現代日本人の裸の付き合いを描いたドキュメンドである。

    感想:フルーツ牛乳に感動したり、ウォシュレットに癒されたりするルシウスの一喜一憂が面白い。文字が多いのが玉に瑕だが、今までにないアイディアから誕生したこの作品が、今後どうなっていくか非常に楽しみだ。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。