コンビニDMZ 世界一危険なコンビニを舞台にしたコンビニ日常コメディ。

    少年画報社コミックス
    06 /08 2013
    コンビニDMZ 01 (ヤングキングコミックス)  HellO! ファッキンガイズ!!

    タイトルコンビニDMZ
    出版社少年画報社
    著者竿尾悟(代表作:「コンビニDMZ」、「」、「迷彩君」)
    ジャンルコメディ
    掲載誌ヤングキングアワーズ
    全5巻。

    内容:ヨーロッパのとある紛争地帯。そこは連邦軍、反乱軍、独立派民兵、さらには国連軍の四派が入り乱れる激戦区だった。
    この紛争地帯の緩衝地域「ポイントチャーリー」のDMZ(Demilitarized Zone/非武装地帯)に日本資本と思われるコンビニがポツンと存在していた。
    そのコンビニの名は「コンビニDMZポイントチャーリー店」。
    訪れる客を迎えるのは、謎多き店長・川口洋一と、お客様(軍人)のハートを撃ち抜き続ける紅一点・雨宮淳、そしてネットで公開している漫画が軍人に好評な平凡男子・鳳石勝の3人。

    どこにでも居そうな平凡な日本人の彼らはなぜ紛争地域で働いているのか?
    そもそもなぜ紛争地域にコンビニが?


    コンビニDMZは本日も銃弾にも爆風にも負けずに営業中!!

    感想:訪れるお客様はみ~んな軍人。敵も味方もなく、コンビニの中では全員が単なるお客様という特殊なコンビニ。
    店内での争い・万引きは、目の前で人が死んでも、戦場だからと割り切り、笑顔で人を殺せるタイプの店長・川口洋一が居る限り、決して許されない。
    シュールさ漂うコンビニ×戦争の異色コメディです。
    どの軍人よりも店長がこの紛争地域で一番権限を持っています。店長に頭が上がらない将軍、コンビニ店員の書く漫画を楽しみにしてる軍人達。
    こんな戦争&日常見たことねえ!!



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。