ユグドラシルの果実 現実とリンクするMMO世界“ユグドラシル”

アスキー・メディアワークスコミックス
05 /23 2013
ユグドラシルの果実 1 (電撃コミックス)

タイトルユグドラシルの果実
出版社アスキー・メディアワークス
著者睦月れい(代表作:「Missing~神隠しの物語~」、「ユグドラシルの果実」)
ジャンル:・ファンタジー・恋愛
掲載誌電撃「マ)王」
全3巻。

内容:2010年、ウッドソフト(WS)社が発売したMMORPG「ユグドラシル」は、ゲームと現実がリンクする特殊なシステムも相まってもうひとつの社会と呼ばれるまでに大流行していた。
橘光希もユグドラシルを楽しむプレイヤーの一人で、数多くのプログラムを公開し名を馳せ、彼のアバターであるファントムは伝説的存在となったが、今は故あってファントムを封印。
WS社開発室室長の父・橘雪胤からの依頼で作成しているプログラムを作成する傍ら、新たに作ったアバター・コウを使い、ユグドラシルの世界を闊歩していた。

そんなユグドラシル内にて、ある時から高レベルモンスターが低レベルエリアに出現するというエンカウントバグが頻発し、それと同時に光希が封印したはずのアバター・ファントムの姿が目撃されるようになる。

光希は、事態の原因と真相を解き明かすために調査を開始するが……。

感想:MMOの世界で有名になった事が悩みとなってしまった光希と、同じくユグドラシル内からリアルデビューを果たし歌姫として有名になったアバター・ティールを持つ呉野蒼生、そして光希の幼馴染である藤崎陽菜の3人を中心に物語が進行します。
.hack」や「ソードアート・オンライン」のようなMMO内の事件を主軸にしているのではなく、恋愛に重きを置いたMMOモノです。

絵が綺麗で、惰性的に続くこともなく、最終回を迎えた事は好感が持てました。
ただ、ラストがはっきりしてるとは言えないので、しっかりと決着つけて終わってほしい人には物足りないと思いますので注意。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
ご承知の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです