SHADOW SKILL |クルダ流交殺法千年の不敗神話!

    講談社コミックス
    08 /03 2012
    SHADOW SKILL(1) (デラックスコミックス)
     ―我は無敵なり、
      我が影技にかなう者なし、
      我が一撃は無敵なり!―



    タイトルSHADOW SKILL
    出版社講談社
    著者岡田芽武(代表作:「SHADOW SKILL」「ニライカナイ」「聖闘士聖矢G」)
    ジャンルファンタジー格闘伝奇
    掲載誌アフタヌーン
    既刊:「SHADOW SKILL black howling」
        「SHADOW SKILL black wing」
        「SHADOW SKILL phantom of shade」
        「SHADOW SKILL 1」以下続刊。

    内容:聖王国アシュリ-アーナを守る守護流派である四天滅殺の一つ、無敗を誇る格闘術「クルダ流交殺法」影技の使い手ガウ・バン。彼は師であり姉でもある第59代目「修練闘士(セヴァール)」のエレ・ラグとともに、数多の強敵との出会いと別れを通じ「強さ」の意味を学んでゆく。
    読む者の血を熱くするバトル漫画の最高峰!

    感想:2000年の歴史を誇る傭兵王国クルダで、わずか60人にも満たないクルダの力の象徴で、「最高の栄誉と恐怖を司る者」とされる闘士として最高位の称号「修練闘士(セヴァール)」を持つエレ・ラグが前面に押し出され、ガウは、主役にしては正直影が薄い。
    「クルダ流交殺法」以外の四滅殺である、然物を自分の体の一部のように操る「リキトア流皇我王殺法」や、「降魔」と呼ばれる人型の人造兵器を操る「フェルシア流降魔符印法」、強大な精神力によって自身の持つ殺気を具現化(平たく言えばジョジョのスタンドみたいなモン)し、敵を攻撃する「キシュラナ流剛剣士(死)術」。など国ごとに戦闘技術に特色があり、そのへんは読んでいてとても楽しい。魔力などの概念もあり、呪符によって魔導を行使する呪符魔導師(スイレーム)や、獣魔と呼ばれるモンスターを捕獲する獣魔捕人(セプティア)、獣魔を操る獣魔導師(ヒュレーム)など数多の戦闘技能者が登場。一個の完成された世界観を有しており、ファンタジー好きな私にはストライクでした。
    しかし、このマンガ紆余曲折あり、1992年の連載開始以来、掲載誌を「コミックガンマ」、「月刊ドラゴンジュニア」「アフタヌーン増刊」「アフタヌーン」と出版社の移籍を伴う掲載誌変更があり、しっかり最終回まで連載されるのかドキドキさせられます。
    このマンガのスゴイところは見方によって、シリアスな格闘漫画から、突っ込みドコロ満載のギャグマンガに早変わりする事です。なので二度楽しめるトコです。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。