俺様ティーチャー ドSの教師と高校デビューの少女は幼馴染!?

    白泉社コミックス
    05 /07 2013
    俺様ティーチャー 第1巻 (花とゆめCOMICS)

    タイトル俺様ティーチャー
    出版社白泉社
    著者椿いづみ(代表作:「俺様ティーチャー」、「月刊少女野崎くん」)
    ジャンル少女漫画学園コメディ
    掲載誌花とゆめ
    1巻以下続刊。

    内容:埼玉を統一した不良番長だった黒崎真冬は、統一を果たしたその日に、子分たちに見捨てられ1人警察に捕まり学校を退学になってしまう。
    しかし、母の計らいでなんとか「緑ヶ丘学園」に転入できることになった真冬は、転入と同時にひとり暮らしを始める。
    転居もすみ、明日からいよいよ転入というその前日、偶々町で見かけた絡まれていた男を思わず助けるが、その男は学校の担任・佐伯鷹臣だった。
    助けるためとは言え、教師の目前でケンカをしたと言う弱みをいきなり握られ、真冬の学園生活はスタートをきってしまう。

    感想:まず、最初の4ページまで真冬が男だと思って読んでたので、4ページ目でスカートを履いているのを見て、
    「なんだコイツ!女装しやがった!!?」
    とびっくりしました。でも、最初から真冬は女なんですよね。ここまで女の子に見えない女の子も珍しいと思います。
    ヒロインかつ主役のはずなのに、本編通してギャグキャラです。
    この漫画のノリ自体も少女漫画というより学園コメディの少年漫画と言われたほうが納得できます。
    多分、正確なジャンルとしてはラブコメなんだと思うのですが、コメディとして楽しめます。
    ゲラゲラ笑える漫画ではありませんが、気付けば続きを読んでしまう感じです。

    また、少女漫画だと思って読むと、一般的にある少女漫画のイメージと違うため、どうにも違和感を覚えます。
    でも考えてみたら、私自身そんなに少女漫画読んでないし、最近知った「俺物語!!」のようなものもあれば、あの「B.B.jokerだって少女漫画なんですよね…。




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。