陽気なギャングの日常と襲撃

    祥伝社ノベル
    08 /03 2012
    陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫) 「巨人の肩に乗れば、巨人より高い景色が見える。」

    タイトル陽気なギャングの日常と襲撃
    出版社:祥伝社
    著者:伊坂幸太郎(代表作:「ゴールデンスランバー」)
    ジャンル:サスペンス

    内容:「人間嘘発見機」成瀬、「演説の達人」響野、「スリの天才」久遠、そして「正確な体内時計の持ち主」雪子。
    あの4人が帰ってきた!嘘を見抜く名人は刃物ザタの騒動に、演説の達人は「幻の女」探し、正確な体内時計を持つ女は、会社の同僚に届いた謎の招待券の真意を追う。そしてスリの天才は殴打される中年男に遭遇。奇しくも4人が巻き込まれた四つの奇妙な事件には実は繋がりがあって・・・。しかも、今回の銀行襲撃には「社長令嬢誘拐事件」がなぜか絡んでくる。

    感想:前作で好きだった彼らの日常が主体で描かれており、面白かった。愛らしい間抜けな誘拐犯達。強盗たちの私生活が覗けるのがまたいい。成瀬は響野の予想と違い頼られる上司。響野は喫茶店の店主として客の相談にのる。久遠はスリに励み、雪子は派遣社員として働いていたりと意外だったり、予想通りだったり・・・。
    各章の初めにある名言がまたいい。この記事の最初に書いてる文章もその一つで、成瀬の章の名言です。名言を楽しむために読んでもいいと思います。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。