陽気なギャングが地球を回す

    祥伝社ノベル
    08 /03 2012
    陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)   ――ロマンはどこだ?――

    タイトル陽気なギャングが地球を回す
    出版社祥伝社
    著者伊坂幸太郎(代表作:「ゴールデンスランバー」)
    ジャンル:サスペンス

    内容:「人間嘘発見機」成瀬、「演説の達人」響野、「スリの天才」久遠、そして「正確な体内時計の持ち主」雪子。この4人は「人を傷付けない」ことをポリシーとする銀行強盗団だった。その戦歴は百発百中……のはずが、思わぬところで誤算が生じ、せっかくの「売り上げ」を逃走中の別の強盗団に横取りされてしまう。そこで彼等は奪われた「売り上げ」を取り戻すべく動きだす。


    感想:普段は公務員や喫茶店のマスター、どこにでもいる青年、母子家庭の主婦といった彼らが、いざ事に移ると陽気で紳士な強盗に早変わり。文章に癖があり、読み辛く感じたけど、成瀬や響野といった各キャラクターに味があり、彼らの掛け合いをメインに楽しめました。正直、メインの売上奪還に関してはこれを無くして、日常モノにしてほしかったと思います。読んで損はないと思います。
    その願いが通じたのか彼らの日常に話を寄せた続編。陽気なギャングの日常と襲撃が出たのは嬉しかった。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。