エデンズボゥイ EDEN's BOwY 神殺しの宿命を背負った少年の物語。

    角川書店コミックス
    03 /27 2013
    ヱデンズボゥイ (1) (角川コミックス・エース)

    タイトルエデンズボゥイ
    出版社角川書店
    著者天王寺きつね(代表作:「オルフィーナ」「エデンズボゥイ」「うぽって!!」)
    ジャンルファンタジー
    掲載誌コンプティーク月刊少年エース
    全20巻。

    内容:天上都市(エデン)の落とし子ヨルンは、いつか天上都市へ戻り、母と再会することを夢見て地上で暮らしていた。
    そんなある日、ヨルンは空から降ってきた少女エリシスと出会う。時を同じくして、神殺しの秘密を求める天上都市の一つユルガハから送り込んだ刺客も現れ、ヨルンは戦いに巻き込まれていく。

    感想:アニメから入り読み始めましたが、アニメとのあまりの違いにびっくりした事を覚えています。一緒なのは第1話くらいでした。
    何が違うって、ストーリーも全然違うんですが、それ以上にゴルドーとヴィロッグがアニメと漫画でキャラが違いすぎる事に一番びっくりしました。
    最初のうちは、まだ普通のファンタジーと言った感じなんですが、後半になればなるほど、神話的背景をいい事に作者が趣味に走り始め、段々エロティックな要素を多分にからませ始めます。
    特にひどいのが、まさかの近親相姦が描かれてしまっているのです。
    作中で、これに対するツッコミが存在しますが、もはや作者の自己弁護の自虐ネタに思えてなりませんでした。

    そうは言ってもメインはバトルですので、そちらはしっかりと描かれていますので安心を。
    ただし、人間と神族、神殺しなどのパワーバランスの差が激しいため、後半になるほどなかなか好カードの対戦にならないのが残念なところ。

    また、主要キャラが簡単に死ぬのもこのマンガの特徴と言えるでしょう。
    その死にっぷりと言ったら「え?本当にこいつ死んだの?」と思わず疑ってしまうほどでした。
    なんだかんだで、作者の展開運びが上手いので終始楽しめるマンガであるのは間違いありません。



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株式投資に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更しました。

    株式投資は長期投資(1年~5年保有)を主軸としていますが、短中期をやらないという訳でもないです。
    投資判断はファンダメンタルズ分析をメインにしてますがテクニカルもある程度は気にします。

    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。