おおかみこどもの雨と雪 思わず、おおかみこどもが欲しくなりますが、ただえさえ大変な子育てがさらに…

    映画(アニメーション)
    03 /20 2013
    おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]

    タイトルおおかみこどもの雨と雪
    公開:2012年
    監督細田守
    脚本:奥寺佐渡子、細田守
    原作細田守
    製作総指揮:城朋子
    ジャンル家族子育て
    出演宮崎あおい大沢たかお黒木華大野百花西井幸人加部亜門平岡拓真
    上映時間:118分

    内容:東京のはずれにある国立大学に通う、女子大生の花(声:宮崎あおい)は、大学の教室でとある男(声:大沢たかお)と出会い、恋に落ちる。
    その男は自分がニホンオオカミの末裔、「おおかみおとこ」であることを告白するが、花はそれを受け入れ2人の子供を産む。
    そうして生まれた子供である姉の雪(声:黒木華)と弟の雨(声:西井幸人)は狼に変身できる「おおかみこども」だった。
    しかし雨を出産して間もなく、男は亡くなってしまう。花は2人の「おおかみこども」の育児に追われるが、都会ではたびたび狼に変身してしまう雪と雨を育てるのは難しく、また子供たちに将来、人間として生きるか狼として生きるか選ばせてやりたいという想いから山奥の古民家に移住することに。

    人の目を気にすることなく山奥で姉弟は育っていく。蛇や猪をも恐れない活発で狼になるのが好きな雪に対し、弟の雨は内向的であったが、やがて雪は小学校に通うようになり、狼にならないように気をつけ、人間として生きていく。一方で雨はとある出来事が切っ掛けで、狼となる事を好むようになり、一匹の狐を「先生」と呼び彼から山の事を学んでいくことになるのだが…。

    感想:ちっちゃな頃から、狼としての本能が強く、せまいマンションの部屋の中でもここぞとばかり暴れまわったり、遠吠えしたりと何かと人間の子供以上に手のかかる2人の姉弟。
    でも、これがとてもカワイイのです。本当に、思わずおおかみこどもがほしくなっちゃいます。
    ですが、この映画そこは細田守。もちろんカワイイだけでは終わりません。
    サマーウォーズ」と同じく、家族というテーマにもしっかりと触れていますし、「サマーウォーズ」よりも面白いです。
    昔のジブリ作品は好きだけど最近のジブリ作品はなんだか物足りないという人には特にイイと思います。

    いや~、本当におもしろかった。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。