フルーツバスケット らんま1/2を彷彿させられる変身体質の草摩家と、居候少女の交流録。

白泉社コミックス
03 /21 2013
フルーツバスケット (1) (花とゆめCOMICS)

タイトルフルーツバスケット
出版社白泉社
著者高屋奈月(代表作:「フルーツバスケット」、「星は歌う」、「リーゼロッテと魔女の森」)
ジャンルファンタジーラブコメ少女漫画
掲載誌花とゆめ
全23巻。

内容:都立海原高校に通う女子高生・本田透は、唯一の家族だった母親を事故で亡くし、小山で一人テント暮らしをしていた。
ところがそのテントを張った場所は、同級生で学校の王子様・草摩由希の一族が所有する土地だった。
家主である紫呉に何とか敷地内でのテント暮らしを許可してもらおう交渉していた時、土砂崩れでテントを失ってしまい、由希と紫呉の計らいで居候することに。
しかし居候初日、由希にケンカ売りに来た草摩夾を止めようとした際に、透は足を滑らせ夾に倒れこんでしまう。
すると、どういう訳か夾は猫になってしまう。
さらなる偶然の連鎖で頭を打った透は、由希と紫呉に倒れこみ、由希はネズミに紫呉は犬になってしまう。
驚きの連続にすっかりパニくってしまった透は、紫呉から草摩一族の秘密を知らされる。
その秘密とは、彼らは代々十二支の物の怪憑きで、異性に抱きつかれると憑かれた獣に変身してしまうというものだった。

感想:マンガに飽きが来ていた頃、小学生時分に見たアニメが面白かったのを思い出し、「この際、少女漫画でも読んでみるか~」と思って手に取って気付いたら最終巻まで集めてしまいました。
現状、我が家にある唯一の少女漫画です。
これがきっかけで、「うさぎドロップ」のような少女漫画というか女性向け漫画も読むようになりました。
個人的には、魚ちゃん、花ちゃんの透の親友コンビがツボです。
でも一番のツボは、やっぱり綾女兄さん。
中でも!かつて海原高校で生徒会長をしていた時に、修学旅行で歓楽街に赴いてしまった生徒の弁護を教師陣や保護者にした際に発した発言!




綾女兄さん、やっぱあんた最高だわ!(笑)




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは。

懐かしいですね!!
私もアーヤが一番好きでした。

フルバには一時期めちゃくちゃハマってましたね。
どうやって終わるのかとドキドキしながら読んでいたら見事にハッピーエンドで驚いた覚えがあります。
やっぱ幸せな終わり方をする作品は読んでいて気分が良くなりますね。

Re: こんにちは。

> 懐かしいですね!!
> 私もアーヤが一番好きでした。

彼のヘンタイブラコンぷっりはもはや主役級でしたよね!!

> フルバには一時期めちゃくちゃハマってましたね。
> どうやって終わるのかとドキドキしながら読んでいたら見事にハッピーエンドで驚いた覚えがあります。
> やっぱ幸せな終わり方をする作品は読んでいて気分が良くなりますね。

物語が正から負に流れていくけど最後は正に戻っていく、高屋奈月のゆさぶりの上手さにやられました。
でもそのおかげで面白かったですよね♪

懐かしいですねフルバ

少女漫画系で言えば自分もこれが最初のきっかけだったかもしれませんねぇ。当時の自分にとってはちょっと鬱っぽい展開もあったのでドキドキしながら読んでたような気がしますが・・・。

アニメのOP曲がすごく良くて印象的に記憶に残ってます。

懐かしんでたらものすごく読みたくなりました。
近々どっかの書店で一気買いと一気読みしよう!決めた♪

Re: 懐かしいですねフルバ

> アニメのOP曲がすごく良くて印象的に記憶に残ってます。

For フルーツバスケットですね(^^)

> 懐かしんでたらものすごく読みたくなりました。
> 近々どっかの書店で一気買いと一気読みしよう!決めた♪

また仲間が一人…(笑)

トラックバック

フルーツバスケット

世界で一番バカな旅人という話が出てきます。 ある旅人が旅をしていた。 旅人は、すぐ騙されるバカで、騙されるたびに、お金や服を取られてしまう。 でも旅人はバカだから、街の

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
ご承知の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです