The Book ~jojo's bizarre adventure 4th another day~

    集英社ノベル
    02 /18 2013
    The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day

    タイトルThe Book ~jojo's bizarre adventure 4th another day~
    出版社集英社
    著者乙一(代表作:「GOTH」、「ZOO」)
    原作・イラスト荒木飛呂彦(代表作:「ジョジョの奇妙な冒険」)
    ジャンルSFアドベンチャー
    全1巻。

    内容:2000年、日本国M県杜王町。冬休みの終わる3日前。
    ぶどうヶ丘学園高等部1年の広瀬康一と漫画家・岸辺露伴はコンビニの前で血まみれの猫と遭遇する。猫の飼い主を捜してたどり着いた先で発見したのは、家の中で車に轢かれた奇妙な女性の死体。
    露伴のスタンド「ヘブンズ・ドアー」によって手に入った手がかりは「腕に赤い爪痕のある男子学生」。

    事件を追ううちに浮かび上がってきたのは、関係者と思ぼしき4人の男女。
    不思議な革表紙の本を持つぶどうヶ丘高校の2年生、蓮見琢馬
    去に不良から助けてもらったことから、蓮見琢馬に好意を寄せる双葉千帆
    欠陥住宅を売ることを金儲けの手段とする大神照彦
    秘密を知った事で恋人の大神照彦の手によって、ビルとビルの隙間に突き落とされ、そこでの生活を余儀なくされた飛来明里
    事件に隠された真実とは?

    感想:スタンドバトルはおとなしめ。ジョジョというより推理小説です。だからと言って面白くないと言うわけではありません。
    作者の乙一が得意とするのが現代劇であるせいか、書き下ろしのスタンドの中に攻撃型がいません。
    続くジョジョノベライズ第2弾である上遠野浩平の「恥知らずのパープルヘイズ」とはかなり趣きが違います。
    スタンドバトルを楽しみたいなら「恥知らずのパープルヘイズ」。
    ジョジョの小説を読みたいのなら「The Book」と言ったところでしょうか。


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。