世界の果てで愛ましょう 読切を得て連載化に至ったTSFファンタジーラブコメ!!

アスキー・メディアワークスコミックス
02 /08 2013
世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス) 人種や性別を超えた究極の愛は実現するのか!?

タイトル世界の果てで愛ましょう
出版社アスキー・メディアワークス
著者武田すん(代表作:「あるいて一歩!!」、「世界の果てで愛ましょう」、「ハルとナツ」)
ジャンルラブコメTSFファンタジー
掲載誌電撃マオウ
1巻以下続刊。

内容:気弱だが心優しい男子高校生・矢野涼馬は、その性格ゆえか、クラスメイトに文化祭の準備を押し付けられ、教室で作業をしていた。すると突如として、轟音と共に校舎が崩壊。
外に出てみると一人の男が瓦礫の下で身動きが取れない状態になっていた。
助け出そうとするも、涼馬では力不足で救出は上手くいかず、その上、土砂崩れが起こってしまう。
男を見殺しに出来ない涼馬は、男に覆いかぶさり、身を呈して男を守り気を失ってしまう。
涼馬が次に目を覚ました時、そこは見知らぬ部屋で、しかも女になっていた!

助けた男は、異世界の王子・エミリオ。なんと涼馬は、エイミリオのエゴにより異世界の薬で女の子に変わってしまったのだ。更にはその王子からは求婚を迫られ…。

感想:「あるいて一歩!!」でデビューしたかと思ったら、あっという間にこの作品と「ハルとナツ」の2本を展開しだして、知名度アップした武田すん
そんな武田すん作品の中で、唯一フツウのラブコメじゃないのがこの「世界の果てで愛ましょう」。
メインヒロインは元男だし、実の兄である涼馬に恋愛感情を持っている弟・祐二や、怒ると巨大化する怪力姫・アリシアなどを登場させ、好き放題しちゃってます。一番楽しんでるのは間違いなく作者です。
王子の兄弟がやたらと出てきて、恋路の邪魔をするというのがメイン展開ですが、個人的には祐二VSエミリオによる涼馬の奪い合いがツボ。確かに可愛いが元男を取り合うっていろいろ違うだろっと思わずにはいられない。
そんな内容のためラブ要素は少ないです。コメディ専攻の勢いで押すマンガと言っていいでしょう。

たまに入るシリアス展開がどうにも作品の面白さを邪魔していると思えてならない気になるところ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
ご承知の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです