なにわOL奮戦記 一見バブル時代っぽいけど、でも実際の舞台は平成の世!

    竹書房コミックス
    01 /15 2013
                    なにわOL奮戦記 1 (バンブー・コミックス)なにわOL奮戦記 2 (バンブー・コミックス)なにわOL奮戦記 3 (バンブー・コミックス)
                    なにわOL奮戦記 4 (バンブー・コミックス)なにわOL奮戦記 5 (バンブー・コミックス)なにわOL奮戦記G (バンブー・コミックス)

    タイトルなにわOL奮戦記
    出版社竹書房
    著者胡桃ちの(代表作:「なにわOL奮戦記」「つなみティーブレイク」「PaPaPaパラダイス」)
    ジャンル4コマ
    掲載誌まんがライフオリジナル
    全6巻。

    内容:ド派手の超ナイスバディ朝日町子
    そんな町子にライバル心を燃やす岡山出身の高井田マミ
    日本一男運が悪い酒井けーこ
    社内人気No.1の小田さんと隠れて交際中!良識派の浜口商子
    の4人のOLを中心に、彼女達の同僚であり、謎の生物ミミイカをこよなく愛する典子と、チビ・デブ・ハゲの三重苦でオヤジ臭さ全開の上司・部長が繰り広げるアパレルOL4コママンガ!

    感想:はじめて買った4コママンガです。買った当時(1998年)は、なんとまだ中学生。(どういう趣味だ!)
    胡桃ちのの代表作である本作。作中のキャラがバブル時代を彷彿とさせる造形であるため、連載当時も多少の違和感がありましたが、それでも作者の頑張りにより、なんとかその時代その時代に合うように調整されていたため大して気になりませんでした。
    がしかし、いま読み返すとひどく時代を感じる4コママンガです。
    メインキャラクターで、いまでも通用する見た目や服装をしているのは商子くらいじゃないでしょうか?
    思えば、遠くへきたものですね…。

    内容として、アパレルメーカーに勤めるoLの日常を描いてあります。4コマとして充分面白いので、先に述べた観点から、当時の世風を感じながら読める、郷愁漂う作品と言えるでしょう。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。