フック Hook|40歳の弁護士、彼は昔ピーターパンだった。

    映画(ファンタジー)
    01 /14 2013
    フック [Blu-ray]    大人になったピーターパンの冒険譚!

    タイトルフック
    公開:1991年
    監督スティーヴン・スピルバーグ
    脚本:ジム・V・ハート、マライア・スコッチ・マルモ
    原作:J・M・バリー
    製作総指揮
    音楽:ジム・V・ハート、ドディ・アルファイド
    ジャンルファンタジー
    出演ロビン・ウィリアムズダスティン・ホフマンジュリア・ロバーツボブ・ホスキンスマギー・スミスグウィネス・パルトロー
    上映時間:144分

    内容:40歳の弁護士であるピーター・バニング(ロビン・ウィリアムズ)は、アメリカの企業付き弁護士で、絵にかいたような仕事人間であり、家族を省みずに仕事に熱中する為、家族からは嫌われていた。
    そんな一家が妻の祖母・ウェンディ(マギー・スミス)のいるイギリスに里帰りした晩、子供達が何者かに誘拐されてしまう。誘拐犯が残した脅迫状には、フック船長(ダスティン・ホフマン)の名前が記してあった。

    わけもわからず、途方に暮れていたピーターに祖母であるウェンディはバニングが、実はかつてピーターパンである事を告げる。
    しかし、かつての記憶を完全に忘れてしまい、自分がピーターパンであった事すらも忘れてしまったピーターは、そんなバカな事があるかと、すぐには信じようとしない。
    しかし、そんな時に現れた妖精・ティンカーベル(ジュリア・ロバーツ)を目の当たりにし、さらに混乱するピーター。
    ティンカーベルは、有無を言わさず、飛べなくなったピーターをシーツにくるみ、ネバーランドへ向けて飛び立つ。
    かくして、ピーターはティンカーベルと共に、さらわれた子供達を救う為に、再びネバー・ランドへと向かう事になるが…。

    感想ロビン・ウィリアムズが大人になったピーターパンを熱演しています。「ジャック」を、観た人ならお分かりかと思いますが、大人にして子供役を完璧に演じれるほど、子供の心を忘れない彼が演じたピーターパンは、夢いっぱいでした。
    他にも、ティンカーベルのジュリア・ロバーツ、フック船長を演じるダスティン・ホフマンなど豪華な俳優陣が揃っており、ストーリーを盛り上げてくれます。

    手法としては、導入部分で、現代から急にファンタジー世界に強引に連れて行かれ、さらに“緑のあの服”に身を包んだおっさんピーターに多少、違和感を感じなくもなかったですが、そこはさすがファンタジー。ネーバーランドという大きな夢の世界では些細な事でした。
    幼き日のまどろみを忘れ、現実に追われている大人こそ、一度は見るべきです。
    幼き日のあの夢の情景が、きっとまた観れる事でしょう。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。