愛と青春の旅だち 卒業のシーンには男の絆が。ラストシーンには女性の憧れが。

    映画(ラブストーリー)
    01 /07 2013
    愛と青春の旅だち [DVD]

    タイトル愛と青春の旅だち
    公開:1982年
    監督テイラー・ハックフォード
    脚本:ダグラス・D・スチュアート
    製作:マーティン・エルファンド
    音楽:ジャック・ニッチェ
    ジャンルラブストーリードラマ
    出演リチャード・ギアルイス・ゴセット・ジュニアデブラ・ウィンガーデイヴィッド・キースリサ・ブロント
    上映時間:124分

    内容:ワシントン州、シアトル。その日の朝、ザック・メイオ(リチャード・ギア)は、全裸で寝ている父バイロンと娼婦を見ながら、少年時代を思い出していた。
    目覚めた父に、彼は子供の頃からの夢だったパイロットになるため、海軍航空士官養成学校に入ると告げると、父は軍隊なんかに入って苦労するのは馬鹿げたことだという。
    しかし、決意は固く、シアトルの近くにあるレーニエ基地内の学校に入学する。彼を含め34人の士官候補生を待っていたのは訓練教官の黒人軍曹フォーリー(ルイス・ゴセット・ジュニア)のしごき。
    34名の中にはケーシー(ルイス・アイルバッチャー)のような女性もいた。女性を除いて皆丸坊主にされ、ザックはオクラホマ出身の青年シド(デイヴィッド・キース)、妻子持ちの黒人ペリーマンと同じ部屋を割り当てられる。
    13週に及ぶ過酷な訓練が始まり、4週がすぎた頃、候補生は市民との懇親パーティーに出席することが許され、ザックとシドは、パーティーでポーラ(デブラ・ウィンガー)とリネット(リサ・ブロント)と知りあう。そしてザツクとポーラ、シドとリネットのカップルがそれぞれ成立。
    まだこの時は、誰もこの後に待つ未来を知る由も無かった…。

    感想:同期との友情や愛する女性との出会い、訓練校での出来事などを織りなしながら成長していく一人の青年を描いたリチャード・ギアの代表作。
    軍の訓練校が舞台であるが、戦争の話題は一切ありません。ちょっと特殊な学校に通う青年達の青春、そして恩師との絆を描いているだけとも言えます。
    で、この映画の何がいいかって、悲劇が起きてからラストまでです。ありがちですが、心打たれました。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    謹賀新年☆

    懐かしいですねぇ。
    何度見たか覚えてないほどです。
    デイヴィッド・キースがスキでした。
    デボラ・ウィンガーもきれいでしたねぇ。
    今どうしてるんだろう?

    本年も宜しくお願いします☆

    Re: 謹賀新年☆

    mia☆miaさん

    こちらこそ、今年もよろしくお願いします(^^)

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。