SとM SMエロ漫画だろって?違う違うサスペンス・コメディ漫画だよ。

    日本文芸社コミックス
    12 /30 2012
    SとM (ニチブンコミックス)

    タイトルSとM
    出版社日本文芸社
    著者村生ミオ(代表作:「SとM」、「胸さわぎの放課後」)
    ジャンルエロティックサスペンスコメディ
    掲載誌週刊漫画ゴラク
    全28巻。

    内容:高校時代、まっすぐ、まじめな性格で“M男”と呼ばれていた戸田誠は、愛する妻、可愛い娘、築き上げてきた信頼と社会的地位…。かけがえのない人生を送るため、ひたすら真面目に生きてきた。
    そんな彼が、高校の同窓会で出会ったのは、すきもの、させ子という噂から“S子”と呼ばれていた同級生・天海早織の娘、沙耶。
    感想はじめに言っておきますが、SMモノのエロマンガではありません。
    でも、掲載誌が掲載誌なので性描写は多いです。それでもSM要素はゼロです。

    では、実際どんなマンガかというと、エロティックサスペンスを謳っていますが、コメディ要素がひじょーーに強いコメディサスペンスモノです。

    わかりやすく画像を貼るとこんな感じです。↓

    ↑監禁されている女性を右の主人公(戸田)が助けに来た感動的シーンなんですが、まさかの裸ネクタイ(笑)
    「え、なんで?」と思われるでしょうが、なぜこうなったかは読んでもらえばわかります。
    話の流れに違和感を作らず、ごく自然な流れでこんなシーンに持っていけてしまうのが、村生ミオ先生の特徴です。

    では、もう一枚、いってみましょう!

    ↑戸田が、今まさにコトに及んでいる時に、頑張りを表現したイメージ描写です。
    このシーンも実は妻と共に命の危機に直面し、強姦魔達から身を守るためにあえて性行為に及んでいるのですが、まるで緊迫感を感じません。そうです、村生ミオ先生は、オヤジギャグ的な表現も得意な方なのです。

    で、これらは全て村生ミオ自身狙ってやっています。例え、シリアスなシーンだろうが、性描写中であろうが“笑い”を決して忘れず、読者を楽しませてくれます。

    肝心のストーリー内容ですが、高校時代に“S子”が学内でレイプされてしまうという事件が起き、その時出来た子供が、沙耶。同窓会の時点で既に早織は、交通事故に会い、他界しており、その忘れ形見として生まれたのが沙耶。
    沙耶は、ある目的があって同窓会に参加しており、その目的というのが、戸田への復讐です。
    沙耶は、生まれた時から母親を知らず、早織の日記を元に、出生の秘密と戸田の存在を知り、戸田が早織を守らなかったから、早織は不幸になり、あげく沙耶自身も不幸になったのだと戸田を逆恨みし、戸田の家庭を崩壊させようと企みます。
    彼女は、戸田の勤める会社に就職し、あの手、この手で戸田の幸せを壊そうとします。
    沙耶の思惑により、社内の人間だけでなく、本来、関係の無い人間まで巻き込んで、徐々に戸田を追い詰めていきます。
    しかし、戸田からしてみたら何故、沙耶がそんなことをするかがわからない。そこで戸田は、事の真相を調べ始めます。そして、明らかになっていく、沙耶のこれまでの境遇。
    その時、戸田がとる行動とは…!?

    といった内容にです。
    ………あれ?こうやって書くとシリアスサスペンスですね。どこがコメディかわかりませんよね?
    う~む。今すぐ文才がほしいです。

    皆さん、すいません。実際に読んでみてください。
    性描写に抵抗が強い方にオススメできませんが、「どうなるんだろう?」というヒキが上手いので、サスペンスが好き!(特に昼ドラ)という方や、コメディタッチな作品が好きな方は読めば、はまると思います。

    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    懐かしいw

    村生先生は作風が一本調子の嫌いもありますけど、別のベクトルで見れば、曲げない漫画家ですよね。私も先生のサスペンスコメディ大好きです。

    Re: 懐かしいw

    Medeskiさん コメントありがとうございます。

    > 村生先生は作風が一本調子の嫌いもありますけど、別のベクトルで見れば、曲げない漫画家ですよね。私も先生のサスペンスコメディ大好きです。

    キャラクター外見のバリエーションがちょっと少ないが、“例え表現”は豊富という変わった一本調子っぷりが、他の作家さんと違う点だと思います。

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    無様な愚か者

    プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
    コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
    2016年末から株式投資はじめました。
    ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
    趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

    株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
    あくまで自分のためだけに書いております。
    名前の通り私は無様な愚か者です。
    参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
    予め、ご了承ください。
    くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


    URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
    立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです