やさしいセカイのつくりかた 天才学者の赴任先の女子高で待っていたのは、自分と同じ境遇の少女との出会い。

アスキー・メディアワークスコミックス
12 /02 2012
やさしいセカイのつくりかた

タイトルやさしいセカイのつくりかた
出版社アスキー・メディアワークス
著者竹葉久美子(代表作:「やさしいセカイのつくりかた」)
ジャンルラブストーリードラマ
掲載誌電撃大王GENESIS(電撃大王ジェネシス)
1巻以下続刊。

内容:朝永悠は若干19歳にして、アメリカの大学院で学者として研究をしていたが、ある日、研究は資金難から打ち切られてしまう。
失意のまま帰国した悠を待っていたのは非常勤の「女子高講師」のポスト。
悠が担当するクラスには、飛びぬけた数学の才能を持ちながらそれをひた隠しにする少女・武藤葵と、ファッション誌の読者モデルをしていた気が強い問題児・草壁ハルカがいた。
突如始まった慣れない講師生活。悠はそんな二人をはじめとする生徒たちに振り回され…。

感想:ある事をきっかけに悠に惚れたハルカ。過去の出来事から数学の天才である事をひた隠しにしていたが、悠に見抜かれ教えを請う事となった葵。悠の恩師にあたり、現在は同僚の教師である小野田。そしてそんな小野田をを好きになった葵の友達である冬子。アメリカ研究所の元同僚なども物語に絡んでくる始末。
そんな登場人物達の関係性が移ろいでいくのを楽しむのがこのマンガの正しい楽しみ方だと思います。
竹葉久美子の描くやたらと美形の男女を、ただ愛でるだけのマンガでは、決してありません。

だからと言って、絵柄が嫌いだといってる訳ではありません。人物が魅力的に描かれているのは確かです。
それと個人的にこの作者は、なんだかカラー絵よりモノクロ絵のほうが上手いと思います。
単行本の表紙よりもマンガの中身の方が絵がキレイだと感じる稀有な作者です。
作者は、これがデビュー作という事ですが、最初から絵が安定しています。
ただ、作者の趣味なのか「ミミツキ」と同じく、とにかく美形揃い。むしろ「ミミツキ」以上に美形揃いでしょうか?
キレイな絵が好き!ラブストーリーが好き!という人にオススメ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
ご承知の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです