ブレイク ブレイド 現行水準を遥かに上回る規格外の性能を持つ『BROKEN BLADE(壊れた刃)』デルフィング

    フレックスコミックス
    11 /25 2012
    ブレイクブレイド 1 (フレックスコミックス)

    タイトルブレイク ブレイド
    発行元フレックスコミックス
    出版社ソフトバンククリエイティブほるぷ出版
    著者吉永裕ノ介(代表作:「ブレイク ブレイド」「ランペイジ」)
    ジャンルファンタジーSFロボット戦争
    掲載誌:月刊少年ブラッド→FlexComixブラッド→COMICメテオ
    1巻以下続刊。

    内容:クルゾン大陸。ここに住む人々はすべて、個人差はあるものの生まれつき石英に命令を与える能力である「魔力」を持っていた。人々は石英を照明や熱源、機械の動力として活用。そして人型兵器魔動巨兵(ゴゥレム)を造り出した。

    そんな世界で魔力を持たない希有な存在であるライガットは、ある日、士官学校時代の親友で現クリシュナ国王のホズルに召喚される。
    そして王宮で、同じく士官学校時代の親友で現クリシュナ王妃のシギュンと再会。彼女から知らされたのは、軍事大国・アテネス連邦のクリシュナへの領土侵犯と、その前線部隊の隊長がライガットらにとって同じく士官学校時代の共通の親友ゼスであるという驚愕の事実だった。
    その話を聞いたライガットは、「大国であるアテネスと戦争しても勝ち目はない。降伏すべきだ」とホズル説得しようとするが、ホズルの口から「アテネスは降伏条件としてホズルやシギュンら王族の処刑」を要求されている事を知らされる。

    動揺するライガットを、ホズルは石英採掘場に案内する。そこにあったのは、古代人が作ったロボット古代(アンダー)ゴゥレムだった。動力用石英が搭載されておらず、動かせるものがいない古代ゴゥレムであり、これに乗って欲しいと説明される。しかしそこに突如、敵の襲撃が!
    その最中、偶然にもライガットはアンダーゴゥレムの起動に成功してしまう。

    感想:webコミックとして現在COMIC メテオで好評連載中。リンク先では、第1話と最新話が読めます。
    同作者の「ランペイジ」でも言える事ですが、このマンガはとにかく女性キャラがかわいいです。
    内容はというと、大国に挟まれているが、資源の豊富な小国であるクリシュナが、その資源ゆえに狙われ故意に戦争に巻き込まれ、魔力が無いために能無しと呼ばれていたライガットが英雄へとなっていく物語です。
    う~む。「機動戦士ガンダム」のアムロみたいな流れですね。
    展開が速いことと、キャラクターが好きな事から読んでます。(主に女性キャラ)つまり絵が好みです。あと、読んでると続きが気になる内容なんですよね。ロボットマンガにありがちな、何がどうなっているかわからないコマっていうのは少なめで、読みやすいです。

    追記劇場アニメ化されています(出来はマンガに比べ微妙)。外伝小説あり。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。