それでも町は廻っている |石黒正数が描く日常漫画の最高峰

少年画報社コミックス
07 /28 2012
それでも町は廻っている コミック 1-10巻 セット (ヤングキングコミックス)

タイトルそれでも町は廻っている
出版社少年画報社
著者石黒正数(代表作:「それでも町は廻っている」「木曜日のフルット」)
ジャンル:日常コメディ
掲載誌ヤングキングアワーズ
1巻以下続刊。

内容:嵐山歩鳥は、近所の丸子商店街のにわかメイドカフェ「シーサイド」で、アルバイトをしている女子高校生。店長の磯端ウキが話題に乗っかって喫茶店を無理矢理メイドカフェに変えてしまったため、をはじめ関係者全員がメイドカフェがどういったものか理解しておらず、経営方針に困っていた。そんな中、歩鳥の親友である辰野俊子(通称:たっつん)がやってきてメイドの何たるかをシーサイドの面々に叩き込もうとするが・・・。

感想:嵐山歩鳥の周りでは、いつもいろんな出来事が起こり、笑いあり、恋あり、推理ありの日常が楽しめます。構成は、「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」のように基本一話完結。そのためか連載順序は時系列に沿っておらず、話によっては紺双葉が卒業していたり、歩鳥の髪が短かったり、長かったりするなどの変化があったりなど。他にも、たった一度だけしかも、1コマだけ通行人として登場した人物が後に再登場したりなど背景にも目が離せず、読み応えも大きい。タヌキみたいな犬「ジョセフィーヌ」の一人語りが最高です!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
ご承知の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです